JP/EN

 

Foresight in sight

エネルギー管理サービス

EMSプラットフォーム Enability® EMS

エネルギーデータを収集・集積し、サービス化するIOT プラットフォーム
エネルギーデータ収集・管理ソリューション(EMSプラットフォーム:Enability EMS)は、デバイスから収集したデータを一元管理し、整形して可視化するためのソリューションです。
IOTの進展により、エネルギーに関わるデータも多種に広がり、情報量は加速度的に増え続けています。
EMSプラットフォームは、集約されたデータの有効活用を促進、可視化することで、業務の効率化を支援します。
EMSプラットフォーム概要イメージ図

特長

  1. データ収集API :ハードウェアメーカー、ブランドに囚われない多種多様なデバイスへの対応
    スマートメータ、各種センサー等、様々なハードウェア・デバイスとの接続を可能とするAPIを提供します。
    また、特定の機種に囚われない複数のハードウェアメーカー、ブランドのデバイスとの接続が可能です。
    HEMS機器メーカー5社※、デマコンなどマルチデバイスメーカー3社※との接続実績があります。
    ※弊社実績:2018年8月現在
  2. データの利用形態に併せたデータフォーマットの共通化
    複数の異なるデバイスからの収集データを、共通のフォーマットに変換し管理します。
    異なる機種、異なるメーカーのスマートメータからの収集データであっても、EMSプラットフォーム上では共通のフォーマットで管理されます。
    ユーザは、機種ごとに異なるデータフォーマットを考慮することなくデータの活用が可能となります。
  3. 大量データの蓄積、抽出を可能とするデータレイク
    エネルギーデータの収集においては、場合により数千台、数万台のデバイスのデータ管理が必要となる場合があります。EMSプラットフォームは、大量データ処理においても応答性とセキュリティを担保する拡張性のあるプラットフォーム設計となっています。
  4. データ抽出API:任意のデータを抽出するためのしくみ
    収集したデータを抽出するための仕組み(データ抽出API)を提供します。
    データ抽出APIにより、データのリアルタイム表示やグラフ表示など可視化が可能となります。
    ※お客様ご要件に合わせた機能の構築が必要となる場合があります。
  5. アプリケーション
    日本ユニシスが提供するエネルギーソリューション(データ分析-Enability Analytics、料金計算や契約管理、シミュレーションを行うEnability CISなど)とのデータ連携が可能です。
    膨大なデータを分析しビジネスに活用する、分析の結果をモニタリングするなどの業務アプリケーション構築が容易です。

*Enability、UNIBEMSは、日本ユニシス株式会社の登録商標です。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。