JP/EN

 

Foresight in sight

クラウド型危機管理情報共有システム SAVEaid/セーブエイド®

機能紹介

災害時、非常に重要となる被害情報を一元化し、迅速で確実な対応を支援すると同時に職員の安否や参集状況のリアルタイム把握を可能にする機能をご提供します。

機能1 職員参集・集計機能

効果
どなたでも扱いやすいように、携帯電話から参集情報を入力し、システムで自動集計します。災害対策本部は、『SAVEaid/セーブエイド』から職員の参集状況を一目で把握することができます。
職員参集・集計機能の効果イメージ図

機能2 避難所状況報告・集計機能

効果
駆けつけ職員が、携帯から、支所や避難所の被害状況、使用可否、避難者数の第一報を報告することができ、住民の誘導や物資の配布ルート決定などに役立ちます。
避難所状況報告・集計機能の効果イメージ図

機能3 被害状況報告・集計機能

効果
市町村内で発生した被害を、発生日時、地区、種別、対応状況の視点で見える化します。対応漏れ・二重対応の防止など、効率的な対応指示に活用できます。検索結果一覧はCSV出力やEXCELコピーが可能なため、報告資料の作成にも利用できます。
被害状況報告・集計機能の効果イメージ図

機能4 備蓄管理機能

効果
平時は、災害時の備えとして備蓄管理としても利用でき、いざという時に使える備蓄品を一覧で管理することができます。また備蓄品の入出庫や移動の管理についても、システム上で行うことができます。
備蓄管理機能の効果イメージ図
他にも便利な機能がございます。詳細については、ぜひお問合せください。

具体的な利用例

具体的な利用例のイメージ図

*SAVEaid/セーブエイドは、日本ユニシス株式会社の登録商標です。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。