JP/EN

 

Foresight in sight

地域医療連携ネットワーク

半歩先を見据えて取り組む、新しい社会基盤づくり
新たな社会基盤構築において、診療情報や薬の処方箋情報、健診情報などを一元的に管理し、相互公開することで円滑な医療サービスを実現する地域医療連携ネットワークが注目を集めています。

概要

地域医療連携ネットワークにより、地域内の病院、医科診療所、歯科診療所、調剤薬局や介護施設などの情報を集約し、共有することができます。ネットワークに参加している医療機関・介護施設の間で相互に情報を参照することで、地域が一体となって患者の医療・介護を支えることができる地域医療連携ネットワークシステムです。
医療情報・患者情報・予約情報・コミュニケーション情報 データ集約 データ参照・更新

特長

1. 多様な医療機関における双方向連携の実現

多様な医療機関から情報を集約し、その情報を活用することが可能な双方向地域医療連携ネットワークシステムです。
従来の地域連携の範囲イメージ図
病院間の情報は双方向に連携されるが、診療所や調剤薬局、介護施設とは病院の情報を一方向しか閲覧できないのが従来の地域医療連携ネットワークシステムの範囲です。
日本ユニシスが提案するシステムの連携範囲イメージ図
各地域の抱える医療課題を解決するためには病院の情報を診療所等に見せるだけの片方向連携ではなく、多様な医療機関における双方向連携が必要だと考えます。

2. 既存の医療情報システムを有効活用

各医療機関にある情報をデータセンタに集約する地域医療連携ネットワークシステムです。
情報集約型システムは既存システムを最大限に有効活用することができるシステム方式で、情報分散型システムの導入時に発生する、院内システムの増強や新規導入に伴う負担を回避いたします。
情報分散型<従来型システム>
情報分散型のシステムは地域連携ネットワークシステムと親和性の高いシステムを医療機関毎に導入する必要があります。
そのため各医療機関に対し、コスト面、運用面で負担をかけるケースがあります。
情報集約型<日本ユニシス>
既存のシステムから各種標準フォーマットを利用してデータを集約します。既存システムを活用するため、各医療機関はシステム変更に伴う負担が軽微ですみます。
NSIPSマーク
NSIPSとは、日本薬剤師会が提案する薬局向けコンピュータシステム間の連携システムです。
NSIPSは、社団法人福岡県薬剤師会の登録商標です。
(商標登録 第5214610号)

3. 様々な医療情報システムと容易に連携可能な統合化エンジン

地域医療連携ネットワークシステムでは、Orion Health株式会社の統合化エンジン「Rhapsody」を採用します。
Rhapsodyを使用することにより、様々な医療情報システムと短期間で情報連携を実現できます。Rhapsodyは世界各国で地域医療連携ネットワークシステムに利用されている医療に特化した統合ハブとしてナンバーワンの地位を誇るソリューションです。
Rhapsody・特長/利用イメージ図

事例紹介

トピックス