JP/EN

 

Foresight in sight

生産・販売・原価フレームワーク MCFrame

トピックス

「顧客満足向上コトづくりセミナー」開催報告
2007年 7月 20日(金)東京秋葉原コンベンションホールにて、製造分野のお客様向けに“勝ち組になるための『顧客満足向上コトづくりセミナー』”が開催され、盛況のうちに終了致しました。ご多忙中にもかかわらずご来場くださいました皆様、誠にありがとうございました。
自動車・製造工業事業部長 白崎の挨拶
自動車・製造工業事業部長 白崎の挨拶
武富為嗣 氏のご講演
武富為嗣 氏のご講演
セミナーの冒頭、自動車・製造工業事業部長 白崎龍司より、日本ユニシスの製造業様への取り組みの歴史とともに、長年にわたって製造業のお客様との対話を重ねてきた日本ユニシスならではのノウハウをフルに生かして製造業のお客様の業務支援を一層推進していく決意が語られました。

第一部では、基調講演として、「グローバルネットワーク時代の製造業」と題して、日本工業大学大学院 教授、コーポレート・インテリジェンス(株)代表取締役社長 武富為嗣 氏よりご講演いただきました。
日本の製造業を取り巻く環境の変化を踏まえ、プロダクトミックスの見直しによる生産の棲み分け、ならびに高付加価値少量生産への対応を推進していく必要性についてわかりやすくご紹介いただきました。ご来場の方々から「大変参考になった」とのご感想が寄せられました。

第二部では、日本ユニシス発の「受注組立生産ソリューション EIII/BTO」の発表が行われました。価値ある製品を提供する仕組みを「コトづくり」と名づけ、そのコトづくりを実現する一つの手立てとしての受注組立生産について、留意点やうまく機能させるためのポイントをご紹介しました。
製造工業一部 小松の「受注組立生産ソリューションのご紹介」
製造工業一部 小松の
「受注組立生産ソリューションのご紹介」
EIII(イースリーアイ)は、国内で170社を超える実績を持つ生産・販売・原価統合パッケージMCFrameの上に日本ユニシスが、さらに適合しやすいように開発したソリューションソフトウェアで、今回は受注組立生産を強力に支援するソリューションEIII/BTO(イースリーアイ・ビーティーオー)をご紹介しました。
生産管理ソリューションプロジェクト 熊井の「受注組立生産ソリューションの実演」
生産管理ソリューションプロジェクト 熊井の
「受注組立生産ソリューションの実演」
第三部では、MCFrame標準機能とともに「受注組立生産ソリューションEIII/BTO」の実演をご紹介しました。MCFrameは生産管理、販売管理、原価管理の各モジュールが各々独立して統合化されたデータベース上で稼働いたしますが、「EIII/BTO」はそれらをシームレスにつなぐようなかたちで、受注組立生産により適合したソリューションとしてご提供いたします。

*1 EIII(イースリーアイ)は、日本ユニシス(株)の登録商標です。

*2 「MCFrame」は、東洋ビジネスエンジニアリング(株)の商品です。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。