JP/EN

 

Foresight in sight

医薬業向け実消化パッケージ OpenPrism®

実消化&マスタモジュールの特長

  • 卸販売データの変換処理を全てテーブル化
    納入先コード、卸、卸組織コード、取引区分、製品のコード変換をテーブル登録で実現できます。
  • 実消化データの洗い替え処理のデイリー処理化
    卸の統合・施設の統合、マスタの変更による実消化データの洗替え処理を日次処理として実行します。週次処理、月次処理への変更も容易に可能です。
  • バッチ処理時間の短縮
    多量データを扱うため、バッチ処理は更新対象データのみ直接DBを更新する方法で処理時間の短縮を実現しています。実消化データの洗い替えは、全てのデータをアクセスするのではなく、更新対象のみ洗替えを実施します。
  • 卸得意先コード変更/卸組織コード変更の一括処理についてプログラムレスの実現
    各卸よりマスタで提供される卸得意先データ、卸組織データによる実消化データの洗替え処理について「文字コード変換処理、データの取込み処理、マスタとのチェック処理、データ洗替え処理への連動」を卸毎に個別プログラムを作成せず実現できます。
    各卸のデータ・フォーマットを画面より登録してバッチ処理起動することで処理できます。
  • 各種マスタは、日次更新および更新履歴を管理

モジュール全体図

実消化モジュール

実消化モジュール全体図

マスタモジュール

マスタモジュール全体図

*OpenPrism、MartSolutionは、日本ユニシス株式会社の登録商標です。

*Microsoft、Windows、Visual Studio、Windows Serverは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

*Windowsの正式名称は、Microsoft Windows Operating Systemです。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。