JP/EN

 

Foresight in sight

クラウド型タクシー配車システム smartaxi®(スマートタクシー)

スマートタクシーは、タクシー配車の仕組みをスマートフォンとクラウドサービスを利用して実現するシステムです。
タクシー無線ではなく携帯電話回線(IP無線)を使用し、車載端末に汎用的なスマートフォンを採用。配車システムを SaaS型サービスで提供するためサーバなどのリソースも必要ありません。

無線タクシー配車システムご紹介 4分38秒

スマートタクシーは、少ない初期費用で導入できる新しいシステム。簡単操作で迅速な配車システムを動画でご紹介します。

配車システムサービス概要図

特長

  1. 初期導入費用の大幅な削減が可能
    • 汎用的なAndroid® スマートフォンと一般的な携帯電話回線(IP無線)を使用するため、アンテナや車輌に搭載する無線送受信機、カーナビ専用機などが不要です。少ない初期費用で導入ができます。
    • 配車センター側のシステムはSaaS型Webアプリケーションで構築しています。インターネットに接続されたパソコンを用意するだけで、サービスが利用できます。
  2. クラウド型サービスでの提供により、短期間の導入、月額課金制での利用が可能
    • クラウド型サービスで提供するため、短期間での導入が可能です。また、月額課金制で費用が平準化され、投資計画が立てやすくなります。
    • クラウド基盤上のシステムは、さまざまなオプション機能を追加することができます。
      常に使用できる機能が進化するため、さらに使い勝手が向上していきます。
  3. 携帯電話回線(IP無線)を使用するため、不感地帯が非常に少ない
    • タクシー車輌と配車センターとの通信に携帯電話回線(IP無線)を使用するため、不感地帯が非常に少なくなります。
  4. 広域エリアでの利用が可能なため、独自の配車センターが不要
    • 日本全国どこでも繋がるため、独自に配車センターを抱える必要が無く、配車業務の外部委託が可能になります。
  5. タクシー利用者向けの「スマートフォン配車アプリ」の提供を予定
    • 乗客は、日本ユニシスが提供するタクシー利用者向け「スマートフォン配車アプリ」を利用することで、簡単に一番近くにいるタクシーを呼ぶことができます。また、オペレーターを介さずに配車されるため、迅速な配車を実現できます。
  6. その他
    • 車載スマートフォンのGPS情報は、リアルタイムで配車センターに送信され、車輌の位置が地図上で表示されます。
      オペレーターは、タクシー利用者の現在位置から一番近い車輌を自動で配車することができます。
    • クラウド型のタクシー全自動配車IVR(音声自動応答)(※)との連携も可能です。
※タクシー全自動配車IVR
音声による自動応答を行うコンピュータシステム。事前に登録した電話番号から、電話をかけることで、コンピューターがお客さま情報を認識し、自動的に最寄りのタクシーを配車するサービスです。

トピックス バックナンバー >

*smartaxiは、日本ユニシス株式会社の登録商標です。

*Androidはグーグル インコーポレイテッドの登録商標です。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。