メニューへ移動  本文へ移動 日本ユニシス株式会社

ホーム > ソリューション > 業種別 > 製造ソリューション > 生産/販売/原価統合フレームワーク MCFrame

生産・販売・原価フレームワーク MCFrame

変化に強く柔軟なカストマイズ指向の生産・販売・原価統合パッケージ

近年、日本企業は、海外に生産拠点をすべてシフトするのではなく、高機能・高品質な製品を生み出すために生産機能を再び国内へ移行する「日本回帰」の動きが高まっています。日本ユニシスは同分野で豊富な経験と実績を持つ「MCFrame」を提供いたします。
「MCFrame」は、共通フレームワークの上に日本の生産現場に即した多彩な機能と製品別・業界別のフレームワークが装備されているため、短期間・低コストで導入することができます。

(MCFrameは東洋ビジネスエンジニアリング株式会社の商品です)

日本ユニシスでは弊社の長年の経験とノウハウを凝縮して、MCFrameの上にさらに適合しやすいように開発したソリューションソフトウェアと導入サービス EIII(イースリーアイ)を提供いたします。

MCFrame Certified Professional取得者数
【原価管理コンサルタントの部】
日本ユニシスが第一位

MCCP(MCFrame Certified Professional)は、
MCFrameの導入や開発担当者を対象とした認定試験で、
MCFrameに関する知識・開発技術が一定レベル以上にあることを、
東洋ビジネスエンジニアリングが認定する制度です。

セミナー案内メール配信希望の方はこちら

製品コンセプト

生産・販売・物流(以下、ロジスティクス系業務)の業務プロセスは、市場のニーズに対応して各企業が商品の売り方・作り方をダイナミックに変えていくことが求められている昨今、従来に比べより頻繁に変更することが求められています。
ロジスティクス系業務とコアコンピタンスとが密な関係をもって成長し続ける企業も多数存在し、特に、日本企業が国際競争力を維持している分野では、この傾向が顕著となっています。
このような企業では、優れた業務プロセスが企業の競争力の源泉となっており、それを忠実に実現し、競争力の強化に貢献できる業務システムが求められます。
MCFrameは、日本の製造業のお客様に求められるきめ細かな管理に対応した各種の機能を備えていますので、標準機能のまま短期、低コストでの導入ができます。さらに、コアコンピタンスにつながる各社固有の業務プロセスや、変化する業務プロセスに柔軟かつ効率的に追従できるフレームワーク構造と優れた開発支援ツールを併せ持っています。
このような柔軟性、拡張性を高く評価頂き、MCFrameは製造業を中心に約200社のお客様にご採用頂いています。

MCFrameのフレームワークコンセプト

MCFrameは、先進的なオブジェクト指向技術を採用したフレームワーク構造のシステムとなっています。業務機能は再利用できる「部品」という形で持っているため、MCFrame共通フレームワークをベースとして、各製品/業種別ソリューションに部品を追加していく形で、効率的にカスタマイズができます。

MCFrame フレームワークコンセプト

MCFrame製品ラインナップ

生産管理販売管理原価管理をはじめ、自動車部品・電子電機部品業界、製薬業界などの特定業界向けソリューションなど、多彩な製品・ソリューションをご提供しています。

MCFrameの製品ラインナップ

MCFrameの製品ラインナップ 生産管理ソリューション 販売管理ソリューション 原価管理ソリューション

*MCFrameは東洋ビジネスエンジニアリング株式会社の商品です。

製造・流通ソリューションへ戻る  MCFrameへのお問い合わせ