JP/EN

 

Foresight in sight

システム基盤 AtlasBase®

豊富なノウハウと実績を活用し、高品質なシステム構築を実現

変化の激しいビジネス環境を勝ち抜くためには、信頼性の高いシステムを速やかに構築・稼働させることが必要です。このような環境の中、多種多様なお客さまの業務を支える情報システムは、新技術や様々なプロダクト、高度で複雑なシステム要素を用途に応じて適切に、且つ迅速に組み合わせて構築することが求められます。
日本ユニシスグループは、豊富なシステム構築経験で培ってきた独自のノウハウや実績を「AtlasBase」として体系化・標準化することでこれらの課題を解決し、より高品質なシステム構築を実現しています。

コンセプト

AtlasBaseは、システム構築の知見を集約したコンピテンスセンターによる強力なサポート体制のもと、優れたアプリケーション開発を実現するプロダクト/最適なシステム基盤構築を支援するサービスを提供し、高品質なシステム構築を実現します。

プロダクト

優れたアプリケーション開発を実現するプロダクト

AtlasBaseは、「高品質」・「高生産性」・「優れた保守性」をコンセプトとしたアプリケーション開発標準MIDMOST® for .NET Maris®、MIDMOST for Java EE Maia®を提供します。
また、Java や.NET framework、スマートデバイスアプリなどに利用できるDevOpsを実現するアプリケーションの開発環境 CDSuiteを提供します。
これら製品は、プロセスとドキュメントを規定した開発標準と、円滑なアプリケーション開発/運用・保守を支える開発環境、実行フレームワークの機能を提供します。
これらを活用して、高品質で保守性に優れたアプリケーションを迅速に開発することができます。

サービス

最適なシステム基盤構築を支援するサービス

AtlasBaseは、お客さまにとって最適なシステム基盤構築をサポートします。
数多くのシステム構築経験で蓄積した多くのノウハウを利用して、最適なシステム基盤の設計・構築を支援するインフラストラクチャ構築サービス、システム基盤の統合化/共有化/標準化によるコスト削減を支援するIT基盤最適化サービス、アプリケーション開発標準を有効に活用するための適用支援など、お客さまのシステムの現状分析からシステム構築・運用にいたる各フェーズで幅広くサービスをご用意して、お客さまのシステム構築を包括的にサポートします。

コンピテンスセンター

強力なバックアップ体制のコンピテンスセンター

コンピテンスセンターは、アプリケーション開発標準を提供するJavaアーキテクト/.NETアーキテクト、およびインフラストラクチャ構築における設計・構築を行うシステム基盤アーキテクト/データベーススペシャリストを中心とした人材で構成されており、実践的な開発標準および検証情報と技術情報を継続的に蓄積・改良しています。
コンピテンスセンターは、AtlasBase適用に関する実践的なノウハウを提供し、システム開発を強力にバックアップします。
また、システム開発現場で起こるさまざまな課題を解決するため、開発プロジェクトに対してヘルプデスクや支援メニューを通じた技術支援を提供します。

*AtlasBase、MIDMOST、Maia、Marisは、日本ユニシス株式会社の登録商標です。

*Javaは、Oracle Corporation及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標または商標です。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。