JP/EN

 

Foresight in sight

Web開発プラットフォーム ClothoFeats®

フロントシステム向けフレームワーク ClothoCore®

ClothoCore(クロトコア)は、MIDMOST® for Java EE Maia®へフロントシステムに必要な機能を追加したフレームワークです。マイクロサービスに対応したアーキテクチャを採用し、変更に強く柔軟性が高いアプリケーション開発をサポートします。また、モバイル端末(スマートフォン、タブレットなど)対応時に必要となるマルチデバイス対応機能や、コンシューマ向けWebサイトで要求される認証機能など、フロント向け開発で必要となる機能を提供します。

提供機能の概念図

主な特徴

  • コンテンツとロジックの分離
    画面コンテンツ(HTML)と画面ロジック(Java)を分離する仕組みを提供します。これによりデザイナーとプログラマの分業や、静的CMSによるコンテンツの管理が容易になり、開発効率の向上および運用管理負荷軽減が期待できます。
  • シンプルなアーキテクチャ
    マイクロサービスの開発・運用に適したシンプルなアーキテクチャを提供します。独自の設計手法を用いることで、シンプルで疎結合なアーキテクチャとなり、変更に強く柔軟性の高いアプリケーションを実現できます。また、ビジネスロジックを簡単にWebAPIとして公開することができるため、最適なデバイスやフロントエンド実装技術を選択して、ビジネスの拡大に応じたチャネル追加や機能追加に柔軟に対応することができます。
  • 高いスケーラビリティ
    スケーラブルなWebアプリケーション開発をサポートします。サーバが保持しておく状態は、スケールアウトが容易なデータストアに情報を保持するため、チャネル拡大にともなうリクエスト増加にも柔軟に対応することができます。

提供機能一覧

機能名 機能内容
認証・認可 2段階のセッションの認証状態(シャロー/ディープ)によってアクセス可能なページを制御する機能
要求認証レベルに応じた認可チェック機能
ビュー生成 デバイス毎にビューを自動選択するマルチデバイス対応機能
画面コンテンツと画面ロジックの分離機能
プッシュ通知 iOS/Android端末の両方に対応したプッシュ通知機能

WebAPI

サーバサイドのビジネスロジックをWebAPIとして公開する機能
リクエスト管理 HTTPSを強制するURLへの転送機能
クローラ向けに最適化された外部URLのマッピング機能
クローラ独自処理を組み込めるSEO対策機能
クロスオリジン通信許可機能
状態管理 処理の一時的な中間状態をサーバ側で管理する機能。画面遷移時の値復元を簡便化。データストアは Redis/Ehcache/HttpSessionから選択可。
メール メールテンプレート管理機能、メールを介して処理を継続するためのメールセッション管理機能、メール送信機能
ユーティリティ ファイルアップロード/ダウンロード、キャッシュ機能、スケジューラ、画面共通部品、WebAPIによるサーバ間通信機能

ジェネレータ

ビジネスロジックの公開WebAPIインタフェースや、状態管理処理実装を自動生成する機能
API定義取得ツール モバイルアプリ、クライアントサイドレンダリング向けに、WebAPIのインタフェース・型情報のTypeScriptを生成するツール
 

動作環境

カテゴリ ソフトウェア
アプリケーションサーバ JBoss® EAP 
Oracle® Weblogic Server
データベースサーバ PostgreSQL
Oracle® Database
データストアサーバ Redis
実行フレームワーク MIDMOST® for Java EE Maia®
 

*ClothoFeats、ClothoCore、MIDMOST、Maiaは、日本ユニシス株式会社の登録商標です。

*iOSは、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標であり、ライセンスに基づき使用されています。

*JBossは、Red Hat,Inc.の登録商標です。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。