JP/EN

 

Foresight in sight

システム連携

EAI

EAI活用の効果

EAIとは

ERP、CRM、レガシー・・・全てのシステム連携、ビジネスプロセスの統合を可能とし、ビジネスの全体最適化を図り、企業価値を高める。それがEAI*1です。
近年ではビジネスプロセスの自動化、可視化が可能なBPM*2 /BAM*3の導入も拡大されつつあります。
システム連携技術には、プラットフォームに依存しない標準技術XML Webサービスが採用されることが多くなりました。
情報システム連携EAI,BPM,BAM連携イメージ
  • システムにおける課題
    • 業務の変化と共に要求されるシステム変更
    • 複雑となる企業内システムと連携の多様化
    • グループ企業や他社とのシステム連携が必須
  • EAI導入による期待効果
    • 既存システムを変更無しでビジネスに活用可能
    • 企業内ビジネス・プロセスの迅速化と情報流通の円滑化が可能
    • 企業間にまたがる円滑な情報流通とビジネス・プロセスの自動化が可能
*1 EAI (Enterprise Application Integration):エンタープライズアプリケーションインテグレーション
*2 BPM (Business Process Management):ビジネスプロセス管理
*3 BAM (Business Activity Monitoring):ビジネスアクティビティモニタリング

EAIツール Transformation Extender

ERP、SCM、CRM、レガシーシステム等、多様でしかも異種が存在するITシステムでは、異なるアプリケーション間の統合とともに、E-ビジネスへのサポートなど急速な変化への対応を求められています。
Transformation Extenderは卓越したユーザーインターフェースと強力なデータ変換エンジンで異なるアプリケーション間の接続・運用をバックアップし、新たなビジネス展開に基づくインターフェース構築とシステム運用の生産性を大きく向上させます。
Transformation Extender

*記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。