JP/EN

 

Foresight in sight

ラックハウジングサービス

日本ユニシスグループが提供するラックハウジングとは

大切なシステムを堅牢性・信頼性の高い都市型データセンタでお預かりします。
手厚いワンストップサービスでお客様の課題を解決!楽々ハウジングを実現します。
ハウジングサービスの概念を覆す!ハウジング/移設/回線/運用/保守/仮想化/LCM

従来型ハウジングサービスとの違い

日本ユニシスグループが提供する「ラックハウジングサービス」は従来のハウジングサービスに加え、オプションサービスとして移設、回線、運用、ハードウエア・ソフトウエアのマルチベンダ保守、仮想化、LCMなどがワンストップで提供可能となっており、利用者の手を煩わせることがありません。
日本ユニシスグループのラックハウジングサービス
※LCM=Life Cycle Managementの略

ラックハウジングサービスを選ぶメリット

日本ユニシスの「ラックハウジングサービス」なら、サービス導入時のさまざまな不安を解消することができます。
こんな不安はありませんか?
  • 金額がよくわからない
  • 立地はどうなの?
  • システムごとにベンダを手配するのは大変。そもそも移設するのってどうすれば良いの?

特長

日本ユニシスグループが提供する「ラックハウジングサービス」には以下のような特長があります。

楽々ハウジング

24時間365日の手厚いノンストップの運用サービスをご提供します。
 

駆け付け0分

常駐する運用・保守要員が駆け付け0分のハウジングサービスをご提供します。

堅牢性・信頼性

JDCC(注1)のTier3およびTier4の主項目、FISC(注2)の安全対策基準に準拠しています。
 

アクセスの良さ

東京都内のエリアに立地した都市型データセンタです。
※注1:JDCC(Japan Data Center Council)特定非営利活動法人日本データセンター協会
※注2:FISC(The Center for Financial Industry Information Systems)公益財団法人金融情報システムセンター

トピックス

*記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。