JP/EN

 

Foresight in sight

次世代型メインフレーム ClearPath® Server

ClearPath® CS4100D Series CS4180D Server

※ この製品は販売終了いたしました。
OS2200のミッションクリティカルアプリケーションをインテルプロセッサでそのまま稼働可能。 セキュアJava、Web連携エンジン搭載可能な次世代型サーバ、CS4180D登場
CS4180Dは、ユニシスの次世代サーバ・アーキテクチャに基づき開発されたOS2200のミッションクリティカルアプリケーションをインテル(R)プロセッサ上で柔軟に稼働させることができる新しい発想のサーバです。移行時もコンパイルなどの面倒な作業は一切不要。
OS2200の貴重なアプリケーション資産・データ資産をそのまま活かしながら、非常に優れた信頼性・安全性・性能、さらには変化への俊敏な対応力を手に入れることができます。
製品概要

特長

キャパシティ・オン・デマンド(COD)

キャパシティ・オン・デマンド機能はOS2200オペレーティング・システムが提供する動的IP(Instruction Processor)性能制御機能です。予め実装されたOS2200 IPの潜在的な処理性能を必要に応じて動的に再配分、あるいは追加できます。
  • Performance Redistribution(PR)
    CS4180Dシステム上に複数パーティションが稼働する場合、該当するパーティション間で動的に性能を移動させる機能です。これにより繁忙期などの期間限定的な処理量増加に対して、追加の性能契約することなく他のパーティションのIP性能を一時的に利用することができます。
  • Temporary Workload(TW)
    一時的なIP性能の増強が必要な場合に有効な機能です。
  • Emergency Recovery(ER)
    複数システムで運用環境を構成する場合に有効な機能です。障害発生時に、障害発生システムとは異なるシステムで障害システムのIP性能をバックアップします。
  • Disaster Recovery(DR)
    複数システムで運用環境を構成する場合に有効な機能です。復旧に長期間を必要とする災害(地震、台風、洪水、火災、テロなど)時に、障害発生システムとは異なるシステムで障害システムのIP性能をバックアップします。

従来機と完全互換のエントリモデルを提供

CS4180Dはシステム当たり、2パーティションまで構成できます。また1パーティション毎にインテルプロセッサ・システムの専用ファームウェア上に従来のCMOS機と完全互換のOS2200IPをハードウェア増設なしに最大10個まで拡張可能です。
  • CS4180Dは従来のCMOS機のIPと完全互換を実現、更に単体性能も CMOSエントリモデルである CS320Dに比べ13%の性能向上を達成しました。また前機種「CS4080Dシリーズ」に比較して、単体性能は15%向上、単一 OS2200環境下のシステム最大性能は約2倍に向上しています。
  • CS4180Dでの性能モデルは1パーティション当たり最小30IPC(注)から、最大1600IPCまで50倍以上の拡張性を持ちます。また、IP性能増強単位は10/20IPCときめ細かい単位で上位モデルを設定しており、キャパシティ・オン・デマンド機能との組合せで柔軟なシステムを構成できます。
    注)IPC(Instruction Processing Capacity):IP性能を表わす日本ユニシスの独自性能単位です。
  • 各種ストレージ機器用チャネルとネットワークの冗長化、メモリのミラー構成最大容量128GBを基本構成で設定しています。

*ClearPathは、Unisys Corporationの登録商標です。

*Intel、インテルおよびXeonは、 Intel Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

*OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標または商標です。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。