JP/EN

 

Foresight in sight

次世代型メインフレーム ClearPath® Server

ClearPath® CS4200D Series CS4280D Server

バックアップとリカバリ

OS2200は万一のシステム障害時に、基幹データをバックアップ、且つリカバリするための統合的なソリューションとしてIRU(Integrated Recovery Utility)を基本ソフトウェア群のひとつとして標準提供します。さらに基幹システムの絶対的な要件である無停止、冗長性を追及、そのための高可用性ソリューションを提供することも可能です。

セキュリティ

ネットワーク化が高度に進展した情報システム上に蓄積された膨大な基幹データ群(企業の極秘データ、個人情報など)に対する厳重な保管保全対策が強く求められています。近年増加しつつあるインターネット経由の各種不正アクセスなどに対しては、OS2200は標準機能として提供するシステム・アクセス制御に加えて長年に亘って培われたメインフレームのセキュリティ技術をベースとして各種ソリューションを提供し、情報漏洩に対する防止策を強力に支援します。
  • セキュリティ・オプション
    OS2200の基本セキュリティ機能を更に強化する拡張機能を提供します。セキュリティ・オプションを追加することでより厳密なファイル・アクセス管理が可能になります。
  • OS2200上のデータの暗号化:CIPHIS
    CIPHISはDES、3DESそしてAESに対応する暗号化アルゴリズムに基づき、OS2200上のデータにアクセスするための暗号化ユーティリティです。

外部連携専用エンジン

外部連携専用エンジンとして、Web/モバイル連携専用のClearPath Portalと、セキュアなJava™(J2EE)環境を搭載するJavaプロセッサを提供します。
  • ClearPath Portal:Web/モバイル連携、モダナイゼーション
    既存システムのモダナイゼーションを支援するWeb連携専用エンジンです。従来の専用端末からしかアクセスできなかったOS2200アプリケーションを、付属のDeveloperを用いてノンプログラミングでWebブラウザ、モバイル端末、スマートフォン、Webサービスと連携させることができます。Developerで作成したWebアプリケーションは、Web連携用にセキュリティを強化したWeb連携専用エンジンで実行されます。
ClearPath Portal
  • Javaプロセッサ:セキュアなOS2200 Java J2EE環境
    24時間365日対応の高可用性を求められるCS4280D/OS2200システムでは、堅固なセキュリティ、トランザクション処理能力、高信頼性、優れた統合リカバリ機能の下で、OS2200 Java(JVM)機能、オープン・ソースの代表的なJ2EEアプリケーション・サーバであるJBoss® Application ServerがJavaプロセッサで提供されます。 また、JavaアプリケーションはRA(Resource Adaptor)を利用することで2200上で稼働するトランザクション処理プログラムや、 データベース管理システムであるUDSRDMS1100とUDS DMS1100のデータにアクセスすることができるので、CS4180D上で稼働する安全、且つ安定したJava/JBoss環境経由で既存2200資産を外部システムと連携させることができます。
セキュアなOS2200 Java J2EE環境
(*) 2013年6月提供開始予定です。

基幹データベースからのデータ抽出

  • 基幹データベースからのデータ抽出
    GUIベースのRADツールDataExtractor/IXによりDMS1100上の基幹系データをタイムリー且つ、効率的にRDBMS(ORACLE®、Microsoft® SQL Server)に抽出することができます。
  • DataExtractor/IX: DMSデータを抽出
  • DataExtractor/IX(ファイル抽出): 各種COBOLファイル*を簡単に抽出
    *シンボリック・エレメント、SDFファイル、順編成ファイル、MSAMファイル
基幹データベースからのデータ抽出

キャパシティ・オン・デマンド(COD)

キャパシティ・オン・デマンド機能はOS2200オペレーティング・システムが提供する動的IP(Instruction Processor)性能制御機能です。予め実装されたOS2200 IPの潜在的な処理性能を必要に応じて動的に再配分、あるいは追加できます。
  • Performance Redistribution(PR)
    CS4280Dシステム上に複数パーティションが稼働する場合、該当するパーティション間で動的に性能を移動させる機能です。これにより繁忙期などの期間限定的な処理量増加に対して、追加の性能契約することなく他のパーティションのIP性能を一時的に利用することができます。
  • Temporary Workload(TW)
    一時的なIP性能の増強が必要な場合に有効な機能です。
  • Emergency Recovery(ER)
    複数システムで運用環境を構成する場合に有効な機能です。障害発生時に、障害発生システムとは異なるシステムで障害システムのIP性能をバックアップします。
  • Disaster Recovery(DR)
    複数システムで運用環境を構成する場合に有効な機能です。復旧に長期間を必要とする災害(地震、台風、洪水、火災、テロなど)時に、障害発生システムとは異なるシステムで障害システムのIP性能をバックアップします。

*ClearPathは、Unisys Corporationの登録商標です。

*Oracle、Javaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標または商標です。

*JBossは、米国Red Hat, Inc.の米国およびその他の国における登録商標または商標です。

*Microsoftは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。