JP/EN

 

Foresight in sight

次世代型メインフレーム ClearPath® Server

ClearPath® CS4300L Series CS4380L/CS4390L Server

Unisys独自の仮想化サーバ技術で、メインフレーム環境とオープン環境を単一システム内に融合。 最前線のビジネス・デバイスに対応する ClearPath Server CS4300Lシリーズ
企業の基幹系システムとして長年に亘り支え続けてきたメインフレームは、今やその領域に留まらず急速に進化するビジネス・デバイスとの連携が求められていています。
Unisys ClearPath Server CS4300Lシリーズは、メインフレームの特性である信頼性、可用性、拡張性を継承した堅牢な次世代型プラットフォームに、1961年の提供開始から現在まで改良を続けるオペレーティングシステム(Master Control Program)を搭載、互換性を継続することでお客様のIT資産を守り続けていきます。
さらに、スマートフォンなど最新のビジネス・デバイスとのWeb連携を同一プラットフォームで実現することにより、最前線のビジネス環境に適応する、使い易く運用しやすいシステム環境を提供します。
ClearPathの更なる進化系、CS4300LはClearPath Forwardの位置付けで、あらゆる企業のビジネス・インフラストラクチャとして、お客様の価値創造を実現します。
cs4300lシリーズ

特長

CS4300Lシリーズは、MCP環境とモバイル端末やスマートフォンとのWebサービス連携を提供するClearPath Portalを、米国Unisys社が開発したサーバ仮想化技術であるs-Par®を用いて、同一プラットフォーム上に統合しました。これにより、複数サーバハードウェアの導入の手間や個別のメンテナンスに伴う複雑さを無くし、管理コストを削減することを可能にします。
また、企業の基幹系システムとして信頼性をさらに高めるため機器構成を二重化したHigh Availability(HA)システムで提供します。

基幹系システムに最適な提供モデル

CS4300Lシリーズは、前シリーズのCS4200Lと比較して、シングルスレッド性能で57%向上しています。また提供モデルは、お客様の利用形態に副えるように、従来型の固定性能モデル(CS4380L)と新しい従量制モデル(CS4390L)の2形態で提供します。
固定性能モデルのCS4380Lは、シリーズ間で44倍の性能拡張性に対して、49のモデル数を提供していますので、お客様のビジネス需要に応じて固定性能を大きくしたり、後述するキャパシティ・オン・デマンド機能との組合せで一時的に性能を大きくするなど柔軟なシステムを構成することが可能です。
また、従量制モデルのCS4390Lは、プロセッサの使用量を契約していただく形態で、ピーク対応として必要なときはいつでも最大性能までお使いいただくことが可能です。

キャパシティ・オン・デマンド(COD)

キャパシティ・オン・デマンド機能はMCPオペレーティング・システムが提供する動的プロセッサ性能制御機能です。予め実装された物理プロセッサの潜在的な処理性能を必要に応じて動的に再配分、あるいは追加できます。
  • Temporary Workload(TW)
    一時的なIP性能の増強が必要な場合に有効な機能です。
  • Emergency Recovery(ER)
    複数システムで運用環境を構成する場合に有効な機能です。障害発生時に、障害発生システムとは異なるシステムで障害システムのIP性能をバックアップします。
  • Disaster Recovery(DR)
    複数システムで運用環境を構成する場合に有効な機能です。復旧に長期間を必要とする災害(地震、台風、洪水、火災、テロなど)時に、障害発生システムとは異なるシステムで障害システムのIP性能をバックアップします。

高可用性 High Availability(HA)システムの提供

CS4300Lシリーズは、二重化されたシステム環境と障害発生時に業務を継続するためのフェイルオーバ機能を標準で提供します。万一本番系システムに障害が発生した場合、待機系システムがそれを感知し、フェイルオーバ機能を活用して業務を引き継ぐように設計されています。これにより、企業のビジネス機会喪失を未然に防止することが可能です。

メータリング技術を採用した従量制サーバ

Unisys独自のメータリング技術により、MCPシステムのプロセッサ使用量を計測・集計・通知し、メータリング(従量制)システムの基盤を支えます。
  • ユーティリティ・コンピューティングに対応
    CS4390Lでは、MCPシステムのプロセッサ性能を必要なときに必要なだけ、自由にお使いいただけます。実際の使用量に応じて課金するシステムなので、従来型のシステムで提供中のキャパシティ・オン・デマンド(COD)に比べて、より弾力的なユーティリティ・コンピューティングに対応し、一段とパワフルで自由度が高いシステム・リソースの有効活用を可能にします。
  • 実稼働に合わせた効率的なシステム投資を実現
    CS4390Lでは、実際の使用量に応じて、事前にご契約いただいた性能量からの引き落としや使用料金の精算を行います。短期間または一時的な繁忙期(スパイク)に備えて高価なシステムを購入するのではなく、業務の繁閑とITコストを連動させ、実稼働に合わせた効率的な投資でシステムを使用することが可能です。
実稼働に合わせた効率的なシステム投資を実現
  • 大型機クラスの最大性能を標準装備
    CS4390Lでは、大型機にも匹敵する53,460RPMもの最大システム性能を標準装備し、プロセッサ負荷の重いアプリケーションやバッチ処理もストレスを感じさせることなく動作します。実効的な最大性能(シーリング)を動的に変更して、予期しないリソース使用を回避したり、処理時間や所要コストを調節したりすることもできます。
大型機クラスの最大性能を標準装備
  • 簡潔でわかりやすいプリペイド方式を採用
    あらかじめ所定の期間の予想使用量を一括購入するプリペイド方式の採用により、従量制のシステムでありながら必要なコストを把握しやすく、事前の予算確保や初期投資の平準化が可能です。また、使用量の計測・集計・通知はシステムが自動的に行うので、複雑な運用・管理は不要です。事前にご契約いただいた性能量の費消後や有効期間の満了後も、性能量の追加購入または月次の実績精算により、煩雑な操作や手続きなしにシステムを継続して使用できます。

*ClearPath、s-Parは、Unisys Corporationの登録商標です。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。