JP/EN

 

Foresight in sight

次世代型メインフレーム ClearPath® Server

ClearPath® CS4400D Series CS4480D Server

OS2200のミッションクリティカルアプリケーションをインテル®プロセッサでそのまま稼働。 ファブリックベース・インフラストラクチャ・アーキテクチャを採用した次世代型サーバ、ミドルレンジモデルCS4480D登場
CS4480Dは、インテルプロセッサによるOS2200アプリケーションの稼働を実現する最新モデルです。CMOSベースサーバあるいはインテルベース旧モデルとの間で、OS2200アプリケーションのコードおよびデータの互換性をファームウェアレベルで完全保障しています。そのため、お客様はアプリケーションの再コンパイルや再リンクを行うことなく、速やかに移行することが可能です。
Server 概観写真

従来機と完全互換のミドルレンジモデルを提供

CS4480Dはシステム当たり、最大2パーティションに対応します。
また1パーティション毎にインテルプロセッサ・システムの専用ファームウェア上に従来のCMOS機と完全互換のOS2200 IPをハードウェア増設なしに最大8個まで拡張可能です。
  • CS4480Dは従来のCMOS機のIPと完全互換を実現、更にシングルスレッド性能もCMOSモデルと同等性能を達成し、お客様の既存資産を再コンパイルなしにストレスなく移行・稼働させることができます。
  • 最大2000 IPC(注1)まで40倍以上の拡張性を持ちます。また、IP性能増強単位は10/20 IPCときめ細かい単位で上位モデルを設定しており、キャパシティ・オン・デマンド機能との組合せで柔軟なシステムを構成できます。
    注1)IPC(Instruction Processing Capacity):IP性能を表わす日本ユニシスの独自性能単位です。
  • 単一システム・単一パーティションでの稼働に必要な各種ストレージ機器用チャネルとネットワークの冗長化、メモリのミラー構成最大容量128GBを基本構成で設定しています。
  • HA(High Availablity)構成の標準化による可用性向上
    CS4480Dはミドルレンジモデルとして初めてパーティションあたり、2台のPMM(OS2200が稼働するハードウェアモジュール)を標準で提供、2台目を完全待機機として装備することで不測の事態における負荷のシームレスな引継ぎによる高い可用性を実現します。また、この構成により、業務を継続しながら負荷の退避を行う形での定期メンテナンスを可能としています。

*ClearPath、s-Parは、Unisys Corporationの登録商標です。

*インテルは、Intel Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。