JP/EN

 

Foresight in sight

次世代型メインフレーム ClearPath® Server

ClearPath® Server CS470L

Intel 8 Core Xeonプロセッサを搭載した最新の小型メインフレーム
Unisys ClearPath Server CS470Lシリーズ
ClearPath Server CS470Lは、 Intel® 8 Core Xeon® プロセッサを2個搭載してクラス最速の処理性能を提供します。
加えて、内蔵ディスク容量やネットワークポート数を倍増すると共に、ファイバーチャネルの転送速度も2倍とするなど、従来機から大幅な機能拡張を図っています。
また、提供するモデルは、ユーザアクセスライセンス数でモデルを選択できるCALモデルと、処理性能からモデルを選択できるパフォーマンスモデルの2形態を提供します。CALモデルは最小の8ユーザから最大544ユーザまで8ユーザ単位でモデルを選択する事が可能で、パフォーマンスモデルはCALモデルの性能から最大2.5倍まで4つのモデルを提供、お客様の業務量に応じて上位モデルへ性能アップグレードする事が可能なモデルです。
これにより、お客様の利用形態に合わせたモデルの選択が可能となっています。

プラットフォーム

  • タワー型とラックマウント型(42Uキャビネットへの搭載)
  • 同一プラットフォーム上にMCPとWindows® 2012 R2 Standard Edition 64Bit を同時稼働
  • 冗長設計による信頼性の向上
  • 自動運転装置による運用の自動化
  • リモート保守サービスの提供

必要なときに必要な性能を、キャパシティ・オン・デマンド機能(COD)

キャパシティ・オン・デマンド機能はMaster Control Programが提供する動的プロセッサ性能制御機能です。実装された物理プロセッサの潜在的な処理性能を必要に応じて動的に追加できます。このキャパシティ・オン・デマンド機能により、予想外の急激なデータ増、トランザクションの季節変動、予期せぬシステム障害等の対応が容易になります。
CODは利用形態に応じて
  • TW(テンポラリ・ワークロード):ビジネスにおける突発的な業務量の増加に対応
  • ER(エマージェンシ・リカバリ):他サーバで発生した障害や予測できない性能ロスをカバー
  • DR(ディザスタ・リカバリ):災害にあった他サーバの性能ロスをカバー
    の3種類が提供されます。

*ClearPathは、Unisys Corporationの登録商標です。

*IntelおよびXeonは、 Intel Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

*Windowsは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

*Windowsの正式名称は、Microsoft Windows Operating Systemです。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。