JP/EN

 

Foresight in sight

次世代型メインフレーム ClearPath® Server

ClearPath® CS6300L Series CS6380L / CS6390L Server

より堅固なセキュリティとデータのオープン化を追求

CS6380L/CS6390Lでは、多彩なビジネスに素早く対応できる強力で豊富なミドルウエア群、ビジネスの変化に素早く対応できる斬新な開発環境によって迅速なマーケット展開が可能です。

CS6380L/CS6390L ソフトウェア群

基幹システムを守る高度なセキュリティと暗号化を実現

  • セキュリティと暗号化
    ネットワーク化が高度に進展した現在の情報システムでは、蓄積された膨大な基幹データ群(企業の極秘データ、個人情報など)に対する厳重な保管保全対策が強く求められています。増加しているインターネット経由での各種不正アクセスなどに対して、CS6300Lシリーズでは標準機能として提供するシステム・アクセス制御に加えて長年にわたって培われたメインフレームのセキュリティ技術をベースとして各種ソリューションを提供し、情報漏洩に対する防止策を強力に支援します。
  • 安全保護機能
    CSシリーズの基本セキュリティ機能をさらに強化する拡張機能として、安全保護機能を標準で提供します。このソフトウェア・コンポーネントを追加適用することで、より厳密なシステム安全保護管理、ファイルアクセス管理が可能になります。
  • データの暗号化:MCPテープ暗号化、MCPディスク暗号化
    テープ暗号化機能は、3DESまたはAESに対応する暗号化アルゴリズムに基づいて、安全にCS6300Lシリーズ内のデータをテープに読み書きする暗号化ユーティリティです。MCP OS環境から暗号化/復号化の操作が可能であり、テープスタック機能と併用することで、既存テープ資産を安全かつ効率的に保存することができます。 ディスク暗号化機能は、XTS-AES256暗号化アルゴリズムに基づいて、安全にCSシリーズ内のディスク単位に、 MCP CPU負荷なく暗号化します。
データの暗号化:MCPテープ暗号化、MCPディスク暗号化イメージ図
またWRAPの圧縮機能により、データベースのバックアップのような大きなデータファイルを圧縮することで、外部サーバ等で保管をする際のネットワーク負荷を低減することができます。さらに、WRAPしたデータを暗号化することで、セキュリティを強化することもできます。 加えてネットワークからの攻撃に対する防衛機能として、ブロードキャスト・ストームの抑止機能、動的フレーム・フィルタリング機能、IPセキュリティ機能といったTCP/IP関連の機能を継続的に強化し続けています。

Web/モバイル連携、モダナイゼーション、開発環境

  • 基幹系アプリケーションをモバイル端末で活用、最先端ビジネスを提供するClearPath Portal
    ClearPath Portalは既存システムのモダナイゼーションを支援するWeb連携ソリューションです。従来の専用端末からしかアクセスできなかった基幹系アプリケーションを、付属のDeveloperを用いてノンプログラミングでWebブラウザ、モバイル端末、スマートフォン、Webサービスと連携させることができます。Developerで作成したWebアプリケーションは、CS6300Lメインフレーム上の仮想サーバで実行されるため、セキュリティ対策も万全です。

統合開発/実行環境:ABSuite登場

ABSuite (Agile Business Suite )は、統合アプリケーションを素早く簡単に構築し、統合的に保守・管理が出来るツールです。ABSuite の開発環境は、Microsoft社のVisual Studio® 2010にスナップインしています。
  • PIM (Platform Independent Model )型開発:
    稼働対象プラットフォームを意識することなく、データベース連携を含むオンライン・トランザクション、バッチシステムなどを効率的に開発することができます。
  • ターゲットとなるシステムは、Microsoft® .NET FrameworkとClearPath MCPです。
  • 自動テスト機能を標準でサポート
    煩雑で単調な確認作業の負荷を軽減します。
  • 高生産性スクリプト言語LDL+ (Logical Definition Language plus )を採用
    LINC®2000 Developer 3.3で記述されたSW(LDL)資産からも簡単に移行することができます。
ABSuiteイメージ図

基幹データベースからのデータ抽出:DataExtractorII/NX

DataExtractorII/NXはMCPシステム上のDMSIIデータベースから、SQL Server™、或いはOracleへのデータ抽出を簡単なパラメータ設定で実行できるデータ抽出ユーティリティです。これにより基幹系データをタイムリー且つ、効率的にRDBMS(Oracle、SQL Server)に抽出することができます。また、MCP上のファイルについてはOLE DB機能によりSQL Serverにデータを抽出することができます。

ホスト帳票をオープン系プリンタへ印刷:FormRunner-MCP

FormRunner-MCPは、ホスト上で作成された帳票ファイルをWindows®サーバ経由でオープン系プリンタに印刷するためのソフトウェアです。図に示すような各種のプリンタへ出力できますので、効率的な印書環境を実現することができます。
ホスト帳票をオープン系プリンタへ印刷:FormRunner-MCP
(注)日本ユニシス4000型/2000型レーザプリンタ、0110型カット紙プリンタPostScript、リコーRPDLIII、京セラPRESCRIBE®II、キヤノンLIPSIII,LIPSIV、エプソンESC/P®, ESC/Page®

ホスト帳票を電子帳票に変換:UNIREP-V

電子帳票システム UNIREP-Vは、ホスト上で作成された帳票データを変換しWindowsサーバ上で稼働するPandora-AXサーバに格納、 クライアントPCから罫線付き表示、検索、印書などを実現するソフトウェアです。
ホスト帳票を電子帳票に変換:UNIREP-V

*ClearPath、ABSuite、LINCは、Unisys Corporationの登録商標です。

*UNIREPは、日本ユニシス株式会社の登録商標です。

*FormRunnerは、三菱電機株式会社の登録商標です。

*Microsoft、Microsoft .Net、Windows、Visual StudioおよびSQL Serverは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

*Windowsの正式名称は、Microsoft Windows Operating Systemです。

*OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標または商標です。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。