JP/EN

 

Foresight in sight

次世代型メインフレーム ClearPath® Server

ClearPath® CS6400D Series CS6480D Server

OS2200のミッションクリティカルアプリケーションをインテル®プロセッサでそのまま稼働。ファブリックベース・インフラストラクチャ・アーキテクチャを採用した次世代型サーバ、ハイエンドモデルCS6480D登場
CS6480Dは、インテルプロセッサによるOS2200アプリケーションの稼働を実現する最上位・最新モデルです。CMOSベースサーバあるいはインテルベース旧モデルとの間で、OS2200アプリケーションのコードおよびデータの互換性をファームウェアレベルで完全保障しています。そのため、お客様はアプリケーションの再コンパイルや再リンクを行うことなく、速やかに移行することが可能です。
CS6480Dは最上位機種CS860Dの後継機種であり、CS860Dを超える単体性能を発揮します。
Server 概観写真
  • CS6480Dは従来のCMOS機のIPと完全互換を実現、更にシングルスレッド性能もCMOSハイエンドモデルであるCS860Dを超える性能を達成し、お客様の既存資産を再コンパイルなしにストレスなく移行・稼働させることができます。
  • 最大4000 IPC(注)まで17倍以上の拡張性を持ちます。また、IP性能増強単位は10/20 IPCときめ細かい単位で上位モデルを設定しており、キャパシティ・オン・デマンド機能との組合せで柔軟なシステムを構成できます。
    注)IPC(Instruction Processing Capacity):IP性能を表わす日本ユニシスの独自性能単位です。
  • 単一システム・単一パーティションでの稼働に必要な各種ストレージ機器用チャネルとネットワークの冗長化、メモリのミラー構成最大容量128GBを基本構成で設定しています。

*ClearPath、s-Parは、Unisys Corporationの登録商標です。

*インテルは、Intel Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。