JP/EN

 

Foresight in sight

次世代型メインフレーム ClearPath® Server

ClearPath® Server CS800D Series CS860D / CS870D

※ この製品は販売終了いたしました。
CMOSプロセッサを採用したOS2200サーバの最上位シリーズ Web連携エンジン、セキュアJavaを標準提供
CS800Dシリーズは、OS2200専用のユニシス独自CMOSプロセッサを採用したOS2200サーバの最上位シリーズです。 従来型の性能モデル(CS860D)とメータリング技術を採用した従量制モデル(CS870D)を提供します。 また、外部連携専用エンジンを標準で提供します。これによりClearPath PortalやJavaプロセッサを標準で利用できます。
CMOSプロセッサを採用したOS2200サーバの最上位シリーズ Web連携エンジン、セキュアJavaを標準提供

特長

キャパシティ オン デマンド(COD) 〜CS860D

キャパシティ・オン・デマンド機能はOS2200オペレーティング・システムが提供する動的IP(Instruction Processor)性能制御機能です。予め実装されたセル単位の物理プロセッサの潜在的な処理性能を必要に応じて動的に再配分、あるいは追加できます。
  • Performance Redistribution(PR)
    単一システム上に複数パーティションが稼働する場合、該当するパーティション間で動的に性能を移動させる機能です。これにより繁忙期などの期間限定的な処理量増加に対して、追加の性能契約することなく他のパーティションのIP性能を一時的に利用することができます。
  • Temporary Workload(TW)
    一時的なIP性能の増強が必要な場合に有効な機能です。単一システム単一パーティションのみの構成、或いは複数パーティションであっても余剰IP能力がないシステム構成で、一時的な処理能力追加が求められる場合に適した機能です。
  • Emergency Recovery(ER)
    複数システムで運用環境を構成する場合に有効な機能です。障害発生時に、障害発生システムとは異なるシステムで障害システムのIP性能をバックアップします。
  • Disaster Recovery(DR:ディザスターリカバリー)
    複数システムで運用環境を構成する場合に有効な機能です。復旧に長期間を必要とする災害(地震、台風、洪水、火災、テロなど)時に、障害発生システムとは異なるシステムで障害システムのIP性能をバックアップします。

メータリング技術を採用した従量制サーバ 〜CS870D

ユニシス独自のメータリング技術により、OS2200システムのプロセッサ使用量を計測・集計・通知し、メータリング(従量制)システムの基盤を支えます。
  • ユーティリティ・コンピューティングに対応
    CS870Dでは、OS2200のプロセッサ性能を必要なときに必要なだけ、自由にお使いいただけます。実際の使用量に応じて課金するシステムなので、従来型のシステムで提供中のキャパシティ・オン・デマンド(COD)に比べて、より弾力的なユーティリティ・コンピューティングに対応し、一段とパワフルで自由度が高いシステム・リソースの有効活用を可能にします。
  • 実稼働に合わせた効率的なシステム投資を実現
    CS870Dでは、実際の使用量に応じて、事前にご契約いただいた性能量からの引き落としや使用料金の精算を行います。短期間または一時的な繁忙期(スパイク)に備えて高価なシステムを購入するのではなく、業務の繁閑とITコストを連動させ、実稼働に合わせた効率的な投資でシステムを使用することが可能です。
実稼働に合わせた効率的なシステム投資を実現
  • 超大型機クラスの最大性能を標準装備
    CS870Dではシステム当たり最大8個のパーティション(OS稼働数)、パーティション当たり最大32個のIPをサポートし、複数OS環境の同時並列稼働や単一OS環境の拡張性に柔軟に対応します。また、超大型機にも匹敵する最大システム性能を標準装備し、プロセッサ負荷の重いアプリケーションやバッチ処理もストレスを感じさせることなく動作します。実効的な最大性能(シーリング)を動的に変更して、予期しないリソース使用を回避したり、処理時間や所要コストを調節したりすることもできます。
超大型機クラスの最大性能を標準装備
  • 簡潔でわかりやすいプリペイド方式を採用
    あらかじめ所定の期間の予想使用量を一括購入するプリペイド方式の採用により、従量制のシステムでありながら必要なコストを把握しやすく、事前の予算確保や初期投資の平準化が可能です。また、使用量の計測・集計・通知はシステムが自動的に行うので、複雑な運用・管理は不要です。事前にご契約いただいた性能量の費消後や有効期間の満了後も、性能量の追加購入または月次の実績精算により、煩雑な操作や手続きなしにシステムを継続して使用できます。

アーキテクチャ

CS800Dシリーズは、ユニシスが独自開発した拡張性に富むエンタープライズ・サーバ用の先進アーキテクチャを採用しています。

  • モジュラー設計方式によるコンパクトなセル・タイプのIPモジュラーを実装 最大32プロセッサ構成
  • 完全に独立したセル構造、各リダンダント設計、ホットスワップ機能で信頼性を向上
  • 8パーティション分割運用が可能
  • 最大8パーティションの各コンソール操作・制御を一元的に管理するServer Controlの提供
  • 各パーティションの負荷に応じた資源再配置機能(キャパシティ・オン・デマンド)の提供(CS860D)
  • システムの最大性能を必要な量だけ利用できるメータリング(従量制)モデルの提供(CS870D)

セル実装方式

  • 実装方式をコンパクト化
    実装方式をセル・タイプとすることで、コンパクト化と同時に電源の冗長化をセル毎に実現、システムの信頼性を向上させています。

柔軟かつ優れた性能レンジ

単一システム当り、4個の物理プロセッサを搭載するIPセル1台を最小単位(増設単位)として、最大8台のIPセル(32物理プロセッサ)まで拡張可能です。
  • 単一システム当たりのパーティション数(OS稼働数)は最大8、また単一パーティションでのIP数は最大32をサポート注1)。複数OS環境の同時並行稼働、或いは単一OS環境の拡張性、いずれのニーズにも柔軟に対応可能です。
    注1)単一パーティションでIP数32個を稼働させる場合は、複数パーティション構成は不可。
  • 単体プロセッサ性能はCS380Dと比較して17%向上
    32プロセッサ単一システムで最大15倍の拡張性を持っています。また、XTPA環境では最大8システム/256プロセッサ構成の優れた拡張性を備えています。

複数パーティションの統合管理・操作

運用管理の負荷を大きく低減する統合監視機能:Server Control、APSC
最大8分割される各パーティションを集中監視するため、システム管理機能(Server Control)を提供します。Server ControlによるOS2200パーティションの集中監視に加えてAPSC(Automatic Power&System Control)が各パーティションの自動運転、I/Oサブシステムの自動電源制御をサポートします。
複数パーティションの統合管理・操作

SAN、高速ネットワークへの対応

FIBREチャネルによる高速ストレージ対応とギガビット・クラスの高速TCP/IP対応
CS800Dシリーズは、SAN(Storage Area Network)対応のSANARENA®をはじめとする最新のストレージ・ソリューション群に対応しています。またギガビット・イーサネットへの対応により、オープン系の高速バックボーンへ直接接続し、他のサーバとの高速連動が可能となります。

*ClearPathは、Unisys Corporationの登録商標です。

*SANARENAは、日本ユニシス株式会社の登録商標です。

*OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標または商標です。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。