JP/EN

 

Foresight in sight

次世代型メインフレーム ClearPath® Server

ClearPath® Server CS800D Series CS860D / CS870D

バックアップとリカバリ

OS2200は万一のシステム障害時に、基幹データをバックアップ、且つリカバリするための統合的なソリューションとしてIRU(Integrated Recovery Utility)を基本ソフトウェア群のひとつとして標準提供しますが、これに加えて基幹システムの絶対的な要件である無停止、冗長性を更に追及、そのための高可用性ソリューションを提供します。
  • XTPA
    XTPA(eXtended Transaction Processing Architecture)は複数パーティションを並列接続し、全てのパーティションを本番系として稼働させながら相互にバックアップ、ロード・バランシング、オートリカバリ機能を実現します。
  • ホットスタンバイ
    CS800Dシリーズでは、拡張データ処理装置XPA-III (eXtended Processing Accelerator III)、MHFS(Multi Host File Sharing)環境を実現するMHFS-II、システム障害監視とオンライン業務の自動回復を支援するSAFE2200によってホットスタインバイ・システムを実現します。

セキュリティ

ネットワーク化が高度に進展した情報システム上に蓄積された膨大な基幹データ群(企業の極秘データ、個人情報など)に対する厳重な保管保全対策が強く求められています。近年増加しつつあるインターネット経由などの各種不正アクセスなどに対しては、OS2200は標準機能として提供するシステム・アクセス制御に加えて長年に亘って培われたメインフレームのセキュリティ技術をベースとして各種ソリューションを提供し、情報漏洩に対する防止策を強力に支援します。
  • セキュリティ・オプション
    OS2200の基本セキュリティ機能を更に強化する拡張機能を提供します。セキュリティ・オプションを追加することでより厳密なファイル・アクセス管理が可能になります。
  • OS2200上のデータの暗号化:CIPHIS
    CIPHISはDES、3DESそしてAESに対応する暗号化アルゴリズムに基づき、OS2200上のデータにアクセスするための暗号化ユーティリティです。CIPHISは既存のOS2200セキュリティ・システムに対応しているので、導入に際しては新たなセキュリティ機能を追加する必要はありません。

外部連携専用エンジン

ClearPathサーバ専用の外部連携エンジンを標準搭載します。Web/モバイル連携専用のClearPath Portalと、セキュアなJava(J2EE)環境を搭載するJavaプロセッサを提供します。
  • ClearPath Portal:Web/モバイル連携、モダナイゼーション
    既存システムのモダナイゼーションを支援するWeb連携専用エンジンです。従来の専用端末からしかアクセスできなかったOS2200アプリケーションを、付属のDeveloperを用いてノンプログラミングでWebブラウザ、モバイル端末、スマートフォン、Webサービスと連携させることができます。Developerで作成したWebアプリケーションは、Web連携用にセキュリティを強化したWeb連携専用エンジンで実行されます。
外部連携専用エンジン
  • Javaプロセッサ:セキュアなOS2200 Java J2EE環境
    24時間365日対応の高可用性を求められるOS2200システムでは、堅固なセキュリティ、トランザクション処理能力、高信頼性、優れた統合リカバリ機能の下で、OS2200 Java(JVM)機能、オープン・ソースの代表的なJ2EEアプリケーション・サーバであるJBoss® Application Serverが提供されます。 また、JavaアプリケーションはRA(Resource Adaptor)を利用することでOS2200上で稼働するトランザクション処理プログラムや、 データベース管理システムであるUDSRDMS1100とUDS DMS1100のデータにアクセスすることができるので、安全、且つ安定したJava/JBoss環境経由で既存OS2200資産を外部システムと連携させることができます。
外部連携専用エンジン

その他の主な機能

  • 基幹データベースからのデータ抽出
    GUIベースのRADツール DataExtractor/IX によりDMS1100上の基幹系データをタイムリー且つ、効率的にRDBMS(ORACLE®、SQLServer)に抽出することができます。
  • DataExtractor/IX: DMSデータを抽出
  • DataExtractor/IX(ファイル抽出): 各種COBOLファイル*を簡単に抽出
    *シンボリック・エレメント、SDFファイル、順編成ファイル、MSAMファイル
その他の主な機能
  • インターネット対応の24時間無停止基幹システムを実現
    • XIS_WebNet®
      XIS_WebNetにより、既存のトランザクションベース・アプリケーションをWeb、Open/OLTP、MQの環境に対応させることができます。またXIS(24H365D運転オプション)により、バッチ処理中のデータベース更新管理や、使用者テーブルの二重化を行い無停止での24時間運用を可能にします。
  • CS800Dシリーズの優れた処理能力を並列処理で更に拡張
    • XPA-III (eXtended Processing Accelerator III)
      XPA-IIIは、CS800DシリーズのOS2200パーティションを並列接続する際のデータベースのロック、アクセス、更新、監査処理などを高速に行う拡張データ処理装置です。XPA-IIIによりノンストップ処理とフォルト・トレランス構造、データの完全性保証、データの不揮発性が保証されます。
  • 高速ネットワーク対応
    TCP/IPプロトコルに特化した 通信制御ソフトウェアCPComm によりGbit Ethernet環境に直結、大容量/高速通信を可能にします。また、cpJOINTは既存アプリケーションの改修を最小限に抑えながらTCP/IP化を促進します。
    • FTAdmin : cpFTP用ユーティリティ
      FTPプロトコルに対応のcpFTPによるファイル転送時に必要な情報の登録機能やUCS COBOLとのインタフェース、リカバリ機能などを強化し、より高度な使い方を簡単に実現します。
  • 分散プリントソフトウェア

*ClearPathは、Unisys Corporationの登録商標です。

*XIS_WebNetは、日本ユニシス株式会社の登録商標です。

*OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標または商標です。

*JBossは、米国Red Hat, Inc.ならびにその子会社の登録商標または商標です。

*Windowsは、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における 登録商標または商標です。

*Windowsの正式名称は、Microsoft Windows Operating Systemです。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。