JP/EN

 

Foresight in sight

ジョブ管理ソフトウェア JobStar®

システム運用自動化で運用負荷を軽減します。
JobStarとは、システム運用業務を自動化し一元管理(ジョブ管理)を行うためのソフトウェアです。ジョブ管理に必要な機能を豊富に取り揃えています。
JobStarの導入により、システム毎に個別に実施していたシステム運用を自動化・一元管理し、お客様のシステム運用の負荷を軽減します。
JobStarのサービス概要

特長

  • ユーザインタフェースがシンプル
    JobStarは、直感的なユーザインタフェースで導入設定時はもちろん、運用時も操作が容易で扱いやすいジョブ管理ソフトウェアです。
  • ライセンス体系がシンプル
    JobStarのライセンスは、マネージャとエージェントのみです。
    クライアントなどのライセンスは不要で、CPUなどハードウェア構成によって価格が変動しません。
  • 充実した機能
    JobStarは、ジョブ管理に必要なジョブネット登録・スケジューリング・予実績管理・結果確認と実行操作などの充実した機能を提供しています。

システム構成

JobStarは、4つのパッケージで構成されています。
JobStarのシステム構成

4つのパッケージ構成

  • JobStarマネージャ
    • ジョブネットの定義情報や実行スケジュールなどを管理します。
    • ジョブ実行順序を制御し、エージェントに対してジョブ実行を指示します。
    • ジョブネットやジョブの実行結果を管理します。
  • JobStarエージェント
    • マネージャから指示されたジョブを実行します。
  • JobStarクライアント
    • JobStarの監視と操作のためのGUIを提供します。
  • JobStarユーティリティ
    • JobStarと他システムを連携させるためのコマンドインタフェースを提供します。

機能

※下記の画像をクリックすると拡大図をご覧いただけます

ジョブネットの登録

フローチャートを描くようにジョブネットを作成することができます。
ジョブネットの中にジョブネットを定義したり、ジョブが失敗した時のリカバリ経路を定義することができます。
ジョブネットはフォルダによる階層管理が可能です。

ジョブネットのスケジューリング

カレンダとスケジュールルールに従い、ジョブネットの実行予定を作成することができます。
カレンダには、業務に応じた運用日・休業日の設定ができます。
またジョブネット単位に多彩なスケジュールルールの指定が可能です。

ジョブネットの予実績管理

月単位、または、日単位のジョブネットの実行予定と実績を一つの画面で確認することができます。
月単位の画面では、ジョブネットの実行予定は「■」で、実績は正常と異常を色で判断できます。

ジョブの結果確認と実行操作

ジョブネット内の各ジョブの実行状態を、ジョブネット作成時のイメージそのままに確認できます。
また、異常終了したジョブを起点とした再実行など、柔軟な実行操作も可能です。

機能一覧

カテゴリ 機能概要
ジョブネットの登録 フォルダによる階層管理
イベントやファイルの監視
先行ジョブの結果によるジョブフローの分岐
リカバリフローの定義
ジョブネットのスケジューリング カレンダの登録
運用日・休業日の管理
スケジュールルールの作成
24時間制・48時間制の管理
ジョブネットの予実績管理 月毎・日毎のジョブネット予実績の監視
ジョブネット単位の詳細ステータスの監視
ジョブの結果確認と実行操作 ジョブの実行ステータスの色分け表示
ジョブネットの即時実行指示・再実行指示
ジョブネットの保留・保留解除・キャンセル指示
ジョブネットの強制終了指示
ジョブの保留・保留解除・スキップ指示
ジョブの強制終了指示

*JobStarは、日本ユニシス株式会社の登録商標です。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。