JP/EN

 

Foresight in sight

ストレージ

SANARENA® MV300シリーズ モデル310/330/350/370/380/390

SANARENA 310/330/350/370/380/390
高パフォーマンスを実現するエンタープライズディスクアレイのマイクロプログラムをベースとし、先進的な仮想化技術を受け継ぎ、ストレージ性能・機能を活かし、容易な構築・運用を可能とした、性能・価格・構成のバランスのとれたミッドレンジディスクアレイ装置
Unisys Storage Subsystem SANARENA MV300シリーズ

製品概要

ミッドレンジストレージで最高クラスの性能の実現と、仮想化技術と実績のあるストレージ技術で高性能・高信頼を実現し、求められる省スペース・高性能・構成自由度に対応しており、効率的・柔軟なストレージ管理・運用・活用を提供し、お客様の事業継続性を提供します。

標準機能として装備された容量削減機能(*1)で性能設計の負担を軽減し、容量効率を向上

(*1)MV310 は除く

ドライブ種別に応じ2種類の圧縮機能を使い分け、容量を削減可能です。

SSD、SAS、NL-SAS:オペレーティングシステムによるソフトウェア圧縮でデータ容量を削減し、ビットコストの低減が図れます。フラッシュモジュールドライブ(FMD):FMD に搭載の圧縮エンジンでハードウェア圧縮を行うため、コントローラに負荷をかけずにアクセス性能を維持できます。
ドライブ種別に応じ2種類の圧縮機能を使い分け、容量を削減可能
 

重複排除削減機能により使用容量の削減が可能です。

重複排除機能によって、装置内でフルバックアップを何回も取っている場合や、OS イメージをクローニングして複数の仮想環境を構築する場合に必要なボリュームを削減します。また、データ移行機能と組み合わせることでシステム移行と同時に容量を削減できます。
重複排除削減機能により使用容量の削減が可能

豊富なストレージ・ソリューションを提供するソフトウェア群

ストレージ階層仮想化機能

ボリューム内データをデータのアクセス頻度に応じて、フラッシュドライブ、フラッシュモジュール(高速)/SAS(中速)/NL-SAS(低速)等、ディスク階層間でデータを自動的に配置する機能
 

フラッシュドライブ有効活用機能

ストレージ階層仮想化機能と連携し、定期的なデータの階層再配置に加え、突発的にアクセスが集中したデータを即座に、フラッシュドライブ、フラッシュモジュール(高速)に移動する機能

ボリューム容量仮想化機能(標準搭載)

物理容量に依存しない任意容量のボリュームをお客様のアプリケーションサーバに提供し、使用効率向上によりストレージ投資効果の向上を実現
 

外部ディスク接続機能

外部ディスク装置をファイバーチャネルで接続し、継続使用/一元管理を実現

筐体内LUNコピー機能

正ボリュームのすべてのデータを副ボリュームにコピー(最大9個コピー可能)する機能により、無停止バックアップシステム構築、開発システム構築等を実現
 

スナップショット取得機能

更新前のデータだけをプールボリュームに退避(最大1,024個退避可能)する機能で、物理データ量が少なく、システム全体で使用する容量を低減可能

同期式リモートバックアップ機能

サーバ非経由の同期データ転送方式(ボリューム単位での管理)で、メインサイトとリモートサイトで常時データの一貫性を維持、近距離間でのリモートコピーに適用
 

非同期リモートバックアップ機能

サーバ非経由の非同期データ転送方式(ボリューム単位での管理)で、I/O単位の更新順序性を保証。距離によるレスポンス影響を受けない

キャッシュ常駐化機能(標準搭載)

特定ファイルをキャッシュメモリ上に常駐化させ、100%キャッシュ・ヒットを実現
 

プライベートストレージ機能(標準搭載)

業務毎のハードウェア専用化により、業務間の性能干渉を排除したコンソリデーションを実現

プラットフォーム間データ交換機能

ディスク上に作成された共有ボリュームを介して、LAN経由のファイル転送なしにメインフレームとオープン・システムのデータ交換を可能にする機能
 

ストレージ管理ソフトウェアとの連携(標準搭載)

デバイス管理、データ管理、性能・容量管理の提供によるストレージ管理の簡素化、最適化を実現

オンラインデータ移行機能

オンライン業務を継続しながらディザスタリカバリ構成を含めデータ移行を行い、今後新たなストレージシステムが導入され続けてもサーバからは1台の仮想ストレージとして使い続けることが可能になる機能
 

2拠点間ストレージクラスタ機能

2拠点間のボリュームミラーリング構成によるストレージ二重化により、高効率・高信頼ストレージクラスタ環境構築を実現

容量削減機能

ストレージシステムのコントローラによるユーザデータの物理容量を削減する容量削減機能。ポストプロセス方式/インライン方式の2種類をサポート

ストレージ運用を刷新するエンタープライズ仮想化機能

ストレージシステム全体を対象にした柔軟な容量拡張性や高い使用効率、運用管理・性能設計の自動化を実現。
高度化するお客様の多様なニーズに、シンプルかつ柔軟なストレージ運用管理環境を提供します。

外部ディスク接続機能

お客様既存もしくは機種の異なるストレージ資産を1つのストレージとしてMV300シリーズの内蔵ディスクと同様に扱え、一元管理ができるため運用管理の簡素化が可能となります。さらに、内部ボリューム操作でストレージ間のデータ移行が可能となるため、容易なデータマイグレーションを実現し、既存ストレージ資産を有効活用できます。
外部ディスク接続機能
 

データをアクセス頻度に応じて最適なドライブへ自動配置 ストレージ階層仮想化機能/フラッシュドライブ有効活用機能

データのアクセス頻度をモニタリングし、アクセス特性に応じて適切なストレージ階層に再配置(最短30分周期)します。アクセス頻度の高いデータを高速なストレージ階層に配置することで、容量コストを最適化します。さらに、リアルタイムにアクセス頻度をモニタリングする機能により、アクセスが集中するデータを即座にフラッシュデバイス(フラッシュモジュールやフラッシュドライブ)に再配置することで、急激な負荷変動にも高速に追従できます。これにより複雑なストレージ階層の設計を行なうことなく、ストレージのコストパフォーマンスを最大化することが可能です。
データをアクセス頻度に応じて最適なドライブへ自動配置 ストレージ階層仮想化機能/フラッシュドライブ有効活用機能

ストレージの無停止運用を実現する 2拠点間ストレージクラスタ機能

物理ストレージをまたぐActive-Activeなボリュームミラーリング機能により、データの二重化をサポート。サーバに対して、異なるストレージ筐体の2つのボリュームを、同一のものとして認識させることができます。これにより、片方での障害発生時にも、サービスを停止することなくシステム切替えが可能です。また、ミラーリングされた2つのボリュームに対しては、異なる経路からでも物理ストレージ間でボリュームを切替えることなく動的にアクセスが可能です。離れた拠点間でもストレージクラスタ環境が構築できます。
ストレージの無停止運用を実現する 2拠点間ストレージクラスタ機能