JP/EN

 

Foresight in sight

ストレージ

NetApp® FASシリーズ

ネットワーク・アタッチド・ストレージ

NetApp® FASシリーズを活用したファイル統合は、TCO削減を確実に実現します

企業のオフィスでは、多くのファイルサーバをかかえ、ファイル管理/バックアップ管理をはじめとする運用管理の負担は増大する一方です。この問題を容易に解決するのが、NetApp FASシリーズネットワーク・アタッチド・ストレージ(NAS)です。 独自OSであるData ONTAP®により、ネットワーク処理とファイルシステム処理が高度に一体化されているため、信頼性が高くかつ高速なファイルサーバ環境が実現できます。UNIX/Windows®環境にまたがるファイル共有を実現するだけでなくSnapshotやリモートミラーといった多様なストレージソリューションを提供します。

ソリューション:NASストレージ・アプライアンス

NetApp FASシリーズは、高性能なマイクロカーネルOSであるData ONTAPにより、UNIX/Windows/SAN/Webデータをセンターに統合します。高い拡張性と可用性を備えた実績あるネットワーク・ストレージ・システムであり、非常に容易な導入/設定/管理を提供することにより、業界でも最も優れたTCO(総所有コスト)削減とROI(対投資利益率)向上を実現します。

マルチプロトコル・データへの高速でシームレスなアクセス

NetApp FASシリーズは、UNIX/Windows/SAN/Webデータを統合保存可能なアプライアンス・ストレージとして、さまざまなプラットフォームを使用しているユーザーに対して全企業データへのシームレスなアクセスを提供します。FCPによるデータ・ブロックへのアクセスだけではなくNFS/CIFSによる接続も可能であり、さらにSAN/NAS環境に統合して、既存情報を保護することもできます。

TOC削減とROI向上

NetApp FASシリーズは、99.998%を超えるデータ可用性を実現することで、コストのかかる計画的または予想外のダウンタイムを削減し、ミッション・クリティカルなデータへの最大限のアクセスを実現します。シンプルな運用管理ながらも、非常に高いデータの管理性/拡張性/相互運用性/可用性を提供することにより、TCOを削減し競争力を強化します。NetApp FASシリーズのアプライアンス設計と、バックアップ/リカバリ・ソフトウェア群によって広範囲にわたるデータ可用性の問題を解決し、全ての企業データを常にアクセス可能な状態に保ちます。

ビジネスの継続性を保証

NetApp FASシリーズは、既存のネットワーク、インフラとの連携によって、包括的に障害に対応します。リモートサイト・ミラーリングや災害復旧のソリューションを利用することにより、求められるニーズに迅速かつ効果的に対応でき、ニーズの変更にも柔軟に対応できます。

*NetApp、Data ONTAPは、米国およびその他の国における NetApp, Inc. の登録商標または商標です。

*Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

*Windowsの正式名称は、Microsoft Windows Operating Systemです。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。