JP/EN

 

Foresight in sight

ストレージ

サービス

ストレージ全般にトータルなソリューションを提供
SANARENA®ストレージに留まらず、バックアップソフトウェアを含むストレージ全般において柔軟なソリューションを実現できる一方で、その設計と構築には、より専門的な知識を必要とします。 日本ユニシスは、下記2つの各種サービス領域において、より最適なストレージシステムをご提供いたします。

BC(ビジネス継続向け)サービス

LANフリーバックアップ設計・構築サービス

SANARENA®が提供するデータレプリケーション機能(ShadowImageもしくはSnapShot)を用いて実現するLANフリーバックアップは、24時間業務運用やデータ量の増加に伴い課題となっているバックアップを、業務への影響を最小限に生成する機能を提供します。これら機能によりレプリカ(副ボリューム)は、ストレージ内で処理される再同期処理(差分データの反映)によって高速に生成されます。生成されたレプリカは業務系サーバとは別のサーバ(バックアップサーバ)でアクセスすることにより、テープあるいはディスクへの2次バックアップ処理を業務と並行して実施することが可能です。またデータ障害時にはレプリカからの高速回復が可能となります。

リモート・データ・レプリケーション設計・構築サービス

SANARENA®シリーズTrueCopy(遠隔地へのコピー)機能を利用したストレージのリモートバックアップシステム構築のために、お客様要件のレビューおよび技術アドバイスを行ないます。またレビュー結果にもとづき、リモートバックアップシステムの設計・導入・設定を行います。 本サービスでは原則として、専任の技術者がサービスの開始から終了までを担当し、お客様のシステム構築に関するお問い合わせにも対応致します。 なお本サービスには被災対応に必要な2センタ間のネットワーク切替、サーバシステム切替、広域SANに関する設計・構築は含んでおりません。これらに関しては個別にご相談ください。

オープンシステム向けデータ移行サービス

24時間サービスやデータ容量増加が、サーバ統合、ストレージ統合あるいはシステム更改などで発生するデータ移行作業を困難なものとしています。 サーバあるいはネットワーク経由の移行と比較して、ストレージソリューションによるデータ移行は高速な移行を可能とし、業務停止期間を最小限とします。 本サービスでは3方式によるデータ移行サービスを提供いたします。
  • 高速テープアレイ装置によるデータ移行
  • FCスイッチベースによるデータ移行
  • SANARENA®7000シリーズUVM(Universal Volume Manager)機能とVM(Volume Migration)機能によるデータ移行

*記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。