JP/EN

 

Foresight in sight

ユニファイド・コミニュケーション

最適化されたコラボレーティブワークスペースを実現し、企業における様々なコミュニケーション課題を解決
ビジネス環境の変化、多様化されたビジネスシーンに適応するために、ワークスタイル/ワークスペース/ワークプレイスを最適化。また、個々人の活動における知的活動において創り出される様々な情報の資産化と、その情報を容易に利活用できるように最適化されたコラボレーティブワークスペースを実現し、企業における様々なコミニュケーション課題を解決する。それが、ユニファイド・コミニュケーションです。

特長

  • ワークスペース最適化
    社内外の活動における個々の従業員が、自分の役割を実現する為に必要となる情報を一元的に管理・操作することが可能となるワークスペースを実現します
  • コラボレーションIT基盤の整理
    多様化するワークスタイル変革を支えるためのネットワークサービス高度利用など、コラボレーションIT基盤の整備を実現します。
  • 知的創造活性化
    知的創造活動において発生する様々な情報をデータ化し、IT資産化する事でその利活用を可能にするコミニュケーションデータのライフサイクル管理を実現します。

導入メリット

ユニファイド・コミニュケーションを適用し、ワークスタイル変革を実現することで、ビジネスのスピードアップ、生産性向上などさまざまな導入効果をもたらします。
導入メリット

導入ステップ

ユニファイド・コミニュケーションは、導入コンサルティングから保守・運用までを一貫してサービス提供することが可能です。また、セキュリティ、ユビキタスなどの各種ソリューションと連携が可能です。
導入ステップイメージ

サービス

プレゼンス、メッセージング、IPフォンとの連携により、コミニュケーション環境の融合を実現。

事例

プレゼンス(在席管理)システムとIP電話連携システム

トピックス

*Microsoft、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。