JP/EN

 

Foresight in sight

UI/UXデザイン

アクセシビリティ診断サービス

Webアクセシビリティに関しては、JIS X 8341-3:2016の改正にあわせ、総務省から2016年3月に「みんなの公共サイト運用ガイドライン(2016年度版)」が提供され、公的機関でWebアクセシビリティへの対応が求められる背景や、JIS X 8341-3:2016に基づき実施すべき取組項目と手順が公開されています。国際的にもアクセシビリティに関する法令や規格が出され、アクセシビリティを配慮する動きは今後より一層高まってくることが予想されます。

本サービスは、対象サイトのアクセシビリティの達成度を診断するサービスです。ツールによる測定だけでなく、JIS X 8341-3:2016に準拠したアクセシビリティチェックリストによる測定を併用することで、より詳細な診断結果が得られます。

Webアクセシビリティを高めたいと考えられているお客様には最適のサービスです。

障害者差別解消法とWebアクセシビリティ

障害者差別解消法
  • 国の行政機関や地方公共団体等及び民間事業者による「障害を理由とする差別」の禁止
  • 差別を解消するための取組について政府全体の方針を示す「基本方針」を作成
  • 行政機関ごと、分野ごとに障害を理由とする差別の具体的内容を提示
Webアクセシビリティ
  • 人間が理解しやすいこと(ヒューマンリーダブル)
  • 利用、操作可能な代替手段が存在すること
  • 人間が使うソフトウェアにとって処理しやすいこと(マシンリーダブル)
アクセシビリティ診断サービスにお任せ下さい!
アクセシビリティ診断サービスにお任せ下さい!

経験豊かなスペシャリストが診断いたします

Webサイトのアクセシビリティ診断を通じて、対象サイトのアクセシビリティ達成度を把握する、診断レポートをご提供します。
  • JIS X 8341-3:2016に準拠した内容の弊社独自のアクセシビリティチェックリストを用いて、アクセシビリティの達成度合いを測定します。
  • ツールとチェックリストによる目視確認を併用することで、ツールでは測定しきれない細部まで、体系的かつ網羅的に確認します。
ツールによる測定
<miChecker>
アクセシビリティの観点から問題のある箇所を特定するためのツール
<Photosensitive Epilepsy Analysis Tool (PEAT)>
閃光に関する閾値を検証するツール
目視による測定
適合レベルA,AAの38項目の達成基準に則った200超のチェック項目によるアクセシビリティ達成度を測定
<チェック項目例>
 ・音声制御、コントラストは適切か?
 ・技術や実装方法は適切か?

サービスの流れ

調査、評価、報告の3ステップで実施します。
 
プロセス 内容
【タスク1】調査 診断対象の要件、診断対象システムの概要について、ヒアリングさせていただき、対象サイトの現況を把握いたします。
対象サイトにおける、診断対象ページを選定いたします。
【タスク2】測定 チェックリストでの評価、シナリオベースの評価、の2つの評価手法を用いてシステムのユーザビリティ達成度合いを評価いたします。
【タスク3】報告 評価結果に基づき、評価報告書(PPTまたはword)を作成いたします。
報告会を開催し、対面にて評価結果をご説明いたします。
プロセスと作業分担のイメージ
プロセスと作業分担のイメージ

診断メニューの提供物イメージ

 診断メニューの提供物イメージ(診断結果の概要/適合・不適合の結果/不適合項目の診断結果)
診断結果の概要/適合・不適合の結果/不適合項目の診断結果

*記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。