JP/EN

 

Foresight in sight

UI/UXデザイン

ユーザビリティ評価サービス

顧客との重要な接点である、Webサイト。ユーザビリティの低い製品は敬遠される傾向にあり、Webサイトの出来や利用頻度はビジネスの成功に大きく影響してきます。

本「ユーザビリティ評価サービス」では、ユーザビリティについて高い専門性を持つ経験豊富なスペシャリストが、ユーザビリティ(使いやすさ)とともに、システムを利用するユーザーに満足感を与えることを重視した概念であるユーザーエクスペリエンスに着目して、サイトの評価を行うサービスです。

本サービスを通じて、Webサイトの問題点を抽出し、現状の課題を明確化することで、お客さまのビジネス機会拡大のご支援をいたします。

課題を抱えていませんか?実現したい要件はありませんか?

抱えている課題
  • サイトの利用満足度が低い
  • ユーザーからのサイトの使い勝手の評価が低い
  • ユーザビリティに関して調査/判断する時間や知見がない
実現したい要件
  • ユーザビリティの高いサイトを構築したい
  • サイトのユーザビリティの状況を客観的に把握したい。
  • サイトによるビジネス拡大に繋げたい
ユーザビリティ評価サービスにお任せ下さい!
ユーザビリティ評価サービスにお任せ下さい!

経験豊かなスペシャリストが診断いたします

ユーザビリティについて高い専門性を持つ、経験豊富なスペシャリストが、サイトのユーザビリティについて経験則に基づき評価します。
  • 弊社の知見に基づき独自に作成したチェックリストを用いて、サイトの標準的なユーザビリティの達成度合いを体系的かつ網羅的に評価します。
  • また、シナリオベースでの評価を併用することで、ユーザ視点での課題も抽出します。
チェックリストによる評価
約180個のチェック項目に従い、サイトのユーザビリティ度合いを評価します。
<チェック項目例>
  • 重要な情報が目立っているか?
  • タイトルは一意に設定されているか?
チェックリストによる調査結果イメージ
シナリオベースの評価
ユーザビリティの専門家が、実際のユーザになったつもりで想定されるタスクを操作し、サイトのユーザビリティを評価します(認知的ウォークスルー手法)。

チェックリストによる評価では導き出せないユーザのタスクに沿った課題や、感情・心理面での課題を抽出します。

サービスの流れ

調査、評価、報告の3ステップで実施します。
 
プロセス 内容
【タスク1】調査 評価要件、評価対象システムの概要について、事前にヒアリングシートをご記入いただき、現状のシステムの状況を把握いたします。また、シナリオベースの評価で使用するペルソナ・評価シナリオを作成いたします。
【タスク2】測定 チェックリストでの評価、シナリオベースの評価、の2つの評価手法を用いてシステムのユーザビリティ達成度合いを評価いたします。
【タスク3】報告 評価結果に基づき、評価報告書(PPTまたはword)を作成いたします。
報告会を開催し、対面にて評価結果をご説明いたします。
プロセスと作業分担のイメージ
プロセスと作業分担のイメージ

診断メニューの提供物イメージ

 診断メニューの提供物イメージ(評価結果の概要/ユーザビリティ指標に基づく達成度合い/主な課題と改善案)
評価結果の概要/ユーザビリティ指標に基づく達成度合い/主な課題と改善案

*記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。