メニューへ移動  本文へ移動 日本ユニシス株式会社

『日本ユニシスについて』
出版物

CLUB UNISYS

ユニシス技報


書籍情報






『ユニシス技報』 2007年11月発刊 Vol.27 No.3 通巻94号

「オープンソースソフトウェア」


 技報94号は「オープンソースソフトウェア(OSS)」特集です。インターネットを介してソースコードを無償で公開するという革命から15年、OSSはプロジェクト数だけでも4万を超え、世界中で200万人もの技術者が開発に携わる一大勢力となっています。無料で利用できるOSSプロダクトは、最近では品質や機能面でも商用ソフトウェアに追いつきつつあり、その採用はコスト削減だけでなく、特定ベンダの囲い込みから脱却する手段として、企業や公共団体から注目され始めています。
 本号では、日米欧のOSS採用状況とその背景、ライセンス問題、OSS開発ツール、フレームワーク、インテグレーション技術、Linux/OSSによる企業システム構築事例、コミュニティへの貢献について、そして好評を博したBITS2007パネルディスカッションの模様も収録しています。
 長年企業システムを手がけてきた日本ユニシスグループの、OSSサポートへの取り組みを、本号にてぜひお確かめください。


巻頭言 --------------------------------------
特集「オープンソースソフトウェア」の発刊によせて(PDF)

基調論文 ------------------------------------
オープンソース・パラダイムシフト
論文 ----------------------------------------
欧州の公的組織におけるOSS化事情と日本市場における考察
OSSメッセージペディアとOSSエコシステム
PostgreSQLにおけるCPUスケーラビリティの評価と改善
PostgreSQLによる共有ディスク・クラスタPG-CALSの設計と実装
OSS開発支援ツールの利用技術に関する取り組み
OSSベースのJava EEアプリケーション・フレームワーク − Maiaの研究と開発
Linuxと各種OSSプロダクトを用いたシステム構築事例
OSSを使用したインテグレーション作業の自動化
オープンソースソフトウェアに潜む法的リスクの低減に向けた取り組み
コラム --------------------------------------
オープンソースによるビジネスイノベーション − インパクトのある打ち手を探る(PDF)


  カテゴリ

  

技報特集号および論文をカテゴリ別にまとめています。
金融 社会公共 製造流通 CAD/CAM CRM/SCM 教育 IT戦略 セキュリティ、危機管理
DB/DWH、データ分析 システム開発 運用管理・移行 基盤技術 ネットワーク ハードウェア


  最近の特集タイトル


124号
2015年6月
space 「別冊技報」
space space space
       別冊技報は、技報編集委員会が毎年6月のBITS(日本ユニシスグループのビジネス&ICTストラテジーフォーラム)に合わせて発刊する小冊子です。日本ユニシスグループ各社が力を入れているサービスやソリューションをピックアップし、通常の技報論文より平易に、またビジネスに役立つように解説します。今回とりあげるのは、金融営業店システム BANK_FIT-NE、U-Cloud運用自動化、ハイブリッド運用サービス、mobiGateによるBYODと、コンテンツマーケティングです。

space
123号
2015年3月
space 「社会基盤 Ⅱ」
space space space
       本特集号は、昨年9月に発刊した121号「特集:社会基盤Ⅰ」に引き続き、「社会基盤/社会基盤ビジネス」に関する日本ユニシスグループの基本的な考え方、および実際の取り組みを紹介します。「社会基盤」とは、ライフラインや、公共施設、通信ネットワーク網といった一般的な意味ではなく、「社会とつながり、情報を集めて、ビジネスを創造して、成長を支えるビジネスプラットフォーム」を指します。それを活用し、さまざまな業種・業態と連携した新たなサービスを創出するのが「社会基盤ビジネス」です。
本号では、医療、エネルギーマネジメント、個人情報保護の基盤システム構築に関する日本ユニシスの取り組みと、米国ユニシス社の空港運営ソリューションを紹介します。

space
122号
2014年12月
space 「一般号」
space space space
       本号では、民生用ビデオカメラで写した物体の動きを三次元でトラッキングするシステム、発注者と受注者を合意形成に導く要件定義の進め方、オープン勘定系システムBankVisionの基盤環境の進化、健診データを長期に亘って採取するゲノムコホート研究の基盤構築、高速なデータ入出力処理を実現するInfiniBandについての技術論文を掲載しています。

space
121号
2014年9月
space 「社会基盤 Ⅰ」
space space space
       本号と、来年3月に発行予定の123号「特集:社会基盤U」では、「社会基盤/社会基盤ビジネス」に関する日本ユニシスグループの基本的な考え方,および実際の取り組みを、2回にわたり紹介します。「社会基盤」とは、「社会とつながり、情報を集めて、ビジネスを創造して、成長を支えるビジネスプラットフォーム」を指し、「社会基盤ビジネス」とは、「ICTを活用し、さまざまな業種・業態と連携した新たなサービスを創出する活動」を指します。
   日本ユニシスが構築に取り組んでいる新たな社会基盤は、個々のシステムが単独で機能するのではなく、ネットワークでつながり、状況に応じて意思をもってコントロールできるシステムであり、単なる供給口であったライフラインを、柔らかいインフラへと変えるものです。今回の121号では、医療、車両運行管理、オープンデータ活用、海外展開における新たな基盤の構築に向けての日本ユニシスの取り組みを紹介しています。

space
すべてのバックナンバーはこちら
space
Acrobat Reader ◆論文をご覧になるにはAdobe® Readerが必要です。
ユニシス技報本誌お申込み  出版物へ戻る お問合せ