掲載日:2007年7月31日

CSR(企業の社会的責任)活動レポート 第2回

日本ユニシスグループは地域貢献活動の一環として本社・支社・支店で事業所周辺の清掃活動を行っています。
なかでも本社の有志社員によって始まった「豊洲キレイにし隊!」は、豊洲における環境美化活動として地域全体に活動の輪が広がり、周辺企業・大学が参加しての一斉合同清掃活動に発展しています。

2004年7月、日本ユニシスの有志社員が集まってスタートした本社周辺の清掃活動「豊洲キレイにし隊!」。毎月1回、昼休みの30分間を利用して、日本ユニシスの本社周辺から豊洲駅前交差点・月島方面を清掃する本活動は、地域貢献の一環として社内に浸透し、年々、参加メンバーを増やしています。

さらに、社外にも「豊洲キレイにし隊!」の輪が広がり、2006年10月から芝浦工業大学様、2007年3月からは江東企業社会貢献ネットワーク、愛称「こらぼら」の皆様などが清掃活動に参加、参加人数は約200名まで拡大しています。「こらぼら」は、江東区内に活動拠点を置く企業・大学・団体が社会貢献活動を充実させるために立ち上げた組織で、日本ユニシスも参加しています。

また毎年、新入社員も「豊洲キレイにし隊!新人編」として新人社員研修中に地域清掃に取り組むことで、企業が地域と共生していくことの重要性を実体験から学んでいます。今年度も、4〜5月に全員が参加しました。

地域商店街の豊洲商友会協同組合理事長の渡辺哲三氏からは「企業の皆さんの清掃活動には、良い刺激を受けています。われわれ商店街も新しくなっていく豊洲のクリーンな町並みに融和しつつ、昔ながらのぬくもりも大切にしていきたいと考え、商店街にプランターを置き、地元小学生に花を植えてもらうことを始めました。これからも、豊洲の街を一緒につくっていきましょう」というお言葉をいただきました。

今後も、日本ユニシスは、豊洲地域の皆様と協力しながら、より良い環境づくりを進めていきます。

2007年03月に実施した合同清掃活動には、豊洲地域全体で10団体、約200人が参加

2007年03月に実施した合同清掃活動には、豊洲地域全体で10団体、約200人が参加

「豊洲キレイにし隊!」のメンバーが作成したオリジナル軍手

「豊洲キレイにし隊!」のメンバーが作成したオリジナル軍手

ページの先頭に戻る