掲載日:2012年2月28日

CSR(企業の社会的責任)活動レポート 第25回

ヴァイオリニスト川畠成道さんによるチャリティ社内コンサートを開催
1998年以来、川畠さんによるコンサートを開催しています。
今年度は“被災地復興支援のチャリティコンサート”として催しました。

日本ユニシスグループは、1998年のデビューコンサート以来、ヴァイオリニスト川畠成道さんの音楽活動を応援しており、現在も継続してオフィシャル・スポンサーをつとめています。

川畠さんは、英国をベースに国際的に音楽活動を続けておられる一方、国内外でチャリティ活動も積極的に展開されています。日本ユニシスは、川畠さんのご厚意によって、年に数回、日本ユニシスグループの社員および家族向けにチャリティ社内コンサートを開いていただいています。これまでは会場にて視覚障がいのある方への募金やチャリティグッズの販売を実施してきましたが、今年度は東日本大震災を受けて、“被災地復興支援のチャリティコンサート”として開催しました。

8月には、被災地である仙台の東北支店でコンサートを開催しました。コンサート後、「たくさんの悲しみや悩みがあるなかで、川畠さんの力強い演奏が心に響いた」などの声がよせられました。なお会場での募金7万1,426円は、全額「東日本大震災みやぎこども育英募金」に寄付しました。

また毎年12月が恒例となった東京本社でのコンサートでは、本社のある江東区内に避難されている被災者の方にも一緒にコンサートを楽しんでもらいました。川畠さんはアンコールでサンタ帽をかぶって演奏し、美しい夜景を背景にクリスマスムードに包まれたコンサートとなりました。会場での募金19万2,653円は全額「社会福祉法人中央共同募金会」に寄付しました。

このあとも、2月に関西支社でのコンサートを開催しました。

東北支店社内コンサートの写真 東北支店社内コンサート。
川畠成道さん、永田美穂さん(ピアニスト)と一緒に

本社での社内コンサートの写真 本社での社内コンサート

ページの先頭に戻る