掲載日:2007年11月30日

CSR(企業の社会的責任)活動レポート 第4回

日本ユニシスグループは、豊かで健全な社会づくりに貢献するため本業であるITを軸にさまざまな地域貢献活動に取り組んでいます。その一環として、10月27日・28日に豊洲文化センターで行われた「第14回豊洲フェスタ」に参加しました。

日本ユニシスは、(財)江東区地域振興会が毎年秋に開催している「豊洲フェスタ」に3年前から参加しています。

江東区豊洲文化センターで行われる同イベントは、豊洲で活動する企業や団体と地域の方々との交流を目的としたもので、当日の会場はイベントステージや模擬店をはじめ、工作教室やフリーマーケットなど、さまざまな催しが開かれます。今年は10月27日と28日の2日間にわたって開催され、約600名が来場しました。

日本ユニシスは、「ITが人と社会にできること」をテーマとしたレクリエーションコーナーを設置。お子様をはじめとする地域の方々にITの便利さや有用性を楽しく学んでいただくために、インターネットから自分がつくりたい図面をダウンロードして、その場で工作を楽しめる「ペーパークラフト」、「ぬりえ」、日本ユニシスホームページの画面で遊ぶ「ディズニーのジグソーパズル」を用意しました。この日本ユニシスのコーナーには親子連れの方々をはじめ、たくさんの方が立ち寄ってくださり、連日大いに賑わいました。

参加いただいた皆様からは「ITを活用したさまざまなサービスを提供している先進的な企業だと感じた」「地域に溶け込もうという姿勢が感じられ、親しみ、好感がもてる」など多くの感想をいただきました。

また、当日はボランティア社員が会場のスタッフを務め、パソコン操作説明やペーパークラフト作成のサポートなどを行うことで、地域の皆様との交流を深めました。

日本ユニシスは、今後も豊洲フェスタなど、地域イベントに積極的に参加していきます。

ホームページ画面で遊ぶ子どもたち

ホームページ画面で遊ぶ子どもたち

ページの先頭に戻る