掲載日:2014年11月7日

持続可能な社会を実現するために。

これからの日本がクリアすべき重要な課題とは

菰田 正信氏の写真

福島 敦子氏の写真

福島
最後に、今後の日本がめざすべき社会や、その実現のために何をすべきか、菰田社長のお考えをお聞かせいただけますか。
菰田
まずは、人口減少にどう対峙していくかという問題があります。やはり少子高齢化対策としては子どもを産み、育てやすい環境づくりが必要でしょう。また、柏の葉スマートシティのプロジェクトを通じて実感したのが、日本には優れた技術が数多くあるにもかかわらず、それをビジネスや産業に結びつける力が弱いということです。
福島
グローバル社会においても、よく日本企業は「技術で勝ってビジネスで負ける」といわれます。
菰田
そのために、柏の葉でも新産業の創出をテーマの1つに掲げ、起業家支援などを積極的に進めているのです。一方で、日本の強みである「ものづくり力」を高めていくために、理科好きの子どもを増やすような教育施策も有効でしょう。私たちも、大学と連携した教室開催などを検討しています。
福島
グローバル時代への対応についてはいかがですか。
菰田
語学力を磨くのは当然のこととして、日本人が海外進出するだけでなく、海外の方々が日本に来やすい環境整備も進めていくべきだと考えます。
福島
2020年には東京オリンピックも開催され、国際的な注目度も高まります。
菰田
オリンピックは海外から多くの方々が訪れる良い機会です。当社は、街づくりを通じて東京という街の魅力を高めるとともに、その魅力を世界に発信することに貢献していきたいと考えています。
福島
お話を伺って、成熟社会における街づくり、そしてデベロッパーの役割が大きく変化していることを実感いたしました。ありがとうございました。

柏の葉ゲートスクエア全体外観の写真柏の葉ゲートスクエア全体外観

対談からの5つの提言

  1. 社会課題の解決でビジネス価値を向上せよ
  2. イノベーション創出に向けて知見を融合せよ
  3. ハードのみならずソフトを充実させ差別化せよ
  4. 的確なマネジメントでサービスを“優化”せよ
  5. 優れた技術をビジネス・産業に結びつけよ

ページの先頭に戻る