鼎談

掲載日:2017年5月

破壊的イノベーションを生み出すために。

日本企業の強みを活かした“皆が主役になれる”ビジネスエコシステムと
失敗を恐れぬ文化の醸成が
イノベーション創出の可能性を拓く。

日本企業の良さを象徴するビジネスエコシステム

福島
世界で日本企業の良さが見直されているにもかかわらず、日本の社会には閉塞感が漂っている印象があります。これは昨今、従来のビジネスモデルを壊すような破壊的イノベーションが世界中で続々と誕生しているなかで、日本からはあまり出てこない現状とつながっているように思います。
イノベーションを大別すると、「破壊的イノベーション」「持続的イノベーション」「効率化のためのイノベーション」の3つがあり、日本企業は持続的および効率化のためのイノベーションは得意とする一方、破壊的イノベーションは苦手だと指摘されています。佐藤さんは日本企業と破壊的イノベーションについて、どのようなお考えをおもちですか。
佐藤
破壊的イノベーションには、投資など思い切った決断が不可欠です。しかし、日本の企業にはそうした決断ができるリーダーが昔に比べて減りました。日本には優良企業が多いのですが、ある意味で優良すぎるのかもしれません。良くも悪くも保守的になってしまうパターンが多く見受けられます。
佐藤 智恵氏の写真
平岡
リーダーには、先が見えないなかで信念をもって決断する――“ディシジョン”でなく“ディターミネーション”が求められると思いますし、私自身もそこを大切にしたいと考えています。
福島
平岡社長は、日本企業が破壊的イノベーションを苦手としている理由はどこにあると思われますか。
平岡
既存のお客さまが求めるものだけに目を向けがちな点でしょうか。当社もベンチャー企業とタッグを組んで、革新的な技術を活かした新サービスをお客さまに提案していますが、残念ながら「いらない」と言われることも多いのが現実です。かつてはそこで終わってしまうケースもありました。
しかし、今は不要でも、将来的には社会課題を解決する技術やサービスに化ける可能性があるわけです。そんなパーツを各社がもち寄り、大きなビジョンのもとで既成概念にとらわれないサービスを生み出す。こういったビジネスエコシステムが構築できれば、破壊的イノベーションも実現できるはずです。
佐藤
日本的な良さの象徴ともいえるようなビジネスエコシステムですね。ハーバードやスタンフォードの先生方は「日本企業は国内外を問わず、顧客や社員、地域住民といったステークホルダーを大事にして、コミュニティをつくるのが非常にうまい。人を大切にする文化はイノベーションを生み出すうえで大きな強みになると思います」と口を揃えて仰います。
平岡
海外企業もビジネスエコシステムを構築していますが、足りないリソースはM&Aで手に入れるなど、主役はあくまでも自社です。その点、当社が取り組んでいるビジネスエコシステムは、ステークホルダーがビジョンを共有し、得意分野を活かせるという点で、皆が主役になり得るのです。
そのためには“すりあわせ”が不可欠ですが、日本企業は昔からすりあわせ技術を得意としています。日本型のビジネスエコシステムから破壊的イノベーションが生まれたら嬉しいですね。

ページの先頭に戻る