掲載日:2014年11月7日

Professional Golfers:プロフェッショナルの肖像

初優勝までの10年間の道のりは自分にとって大きな財産。

プロゴルファー 宮里 優作

夢をもらったゴルフに少しずつ恩返しを

――初優勝までの10年という時間は、どのように感じていますか。
長いと言えば長いですが、ツアーを戦っていると1年は駆け足で過ぎていきます。いま思うとあっという間の10年だったと感じます。
ただ、アマチュアの頃からプロの試合に出させてもらっていますが、あの頃は本当に勢いだけでやっていたようなもので、プロに転向した後も「こんなに下手なんだから勝てるわけがない」と思っていましたから。やっぱりプロ目線で見ると、まだまだ技術が足りなかったです。とくに歴代の賞金王たちとのラウンドではレベルの差を肌で感じていました。
そんな試行錯誤があるから今があるわけで、「スムーズにいっていたら気づけなかった」こともあります。そうした意味では、この10年間は自分にとっての財産なんだなと思います。
――今後の目標をお聞かせください。
今年は「ゴルフを楽しむこと」をテーマにしています。優勝したこともあって、もう一度ゴルフができる喜びを噛み締めながら、1打1打プレーしています。
来年からは、もっともっと精度を高めるために感性を磨きたいと思っています。例えるなら“ゴルフクラブが自分の体の一部のように動く”というイメージです。それができた時には、すごくいいものをお見せできると思っています。
また、7割の力でプレーすることもテーマです。決して力を抜くわけではなく、そのくらい気持ちに余裕をもつことで、フィジカルもメンタルも高い水準をキープできると考えています。
――最後にゴルフファンの皆様にメッセージをお願いします。
いつも応援してくださるファンの皆様、またスポンサーの方々には、本当に感謝の気持ちで一杯です。ありがとうございます。
プロゴルフを応援してくださる皆様には、これからも会場でお会いしたいと思っています。男子プロの迫力のあるショットや人間らしいプレーの数々をライブで観てほしいです。僕も子どもの頃、トーナメントを観に行き、サインボールをもらったのを機にプロへの憧れが増し、プロになりたいと強く思いました。トーナメントはプロの卓越した技でファンを魅了しつつ、子どもたちには夢を与える場でもあります。スポンサーの方々とは、そんな舞台を一緒になってつくっていきたいと思っています。