INSIGHT 日本ユニシスグループの視点から

2016年1月掲載

製造・流通業のベストパートナーとして
お客様の成長を支えるビジネスイノベーションを追求。

INSIGHTイメージイラスト

デジタルマーケティングで売上の拡大を支援

――新ビジネスの創出についてはいかがですか。

齊藤
当ユニットでは、流通・小売業向け基幹系システムのビジネスで培った技術力や知見、お客様とのパートナーシップをベースに、現在、営業やマーケティングといったフロント領域における新たなソリューションの開発や、お客様・パートナー企業との共創による新たなビジネスモデルの実現に力を注いでいます。
遠藤
フロント領域でのソリューションに、私が担当しているデジタルマーケティングがあります。消費者のニーズがますます多様化・流動化するなかで、企業が売上を伸ばしていくためにはより高度なICT活用が不可欠です。そこで、例えばICカードやモバイルツール、SNSなどから得られる多種多様なデータを分析して、お客様に合わせた最適な商品計画や販促活動を実現していこうというのがデジタルマーケティングのコンセプトです。
大田
具体的にはどのようなビジネスに取り組んでいるのですか。
遠藤
2015年夏から日本酒メーカーの日本盛様とFacebookを活用したプロモーション活動を進めています。Facebook上で日本酒が好きなメンバーを集めて、新商品の感想をアップしていただいた方に景品を贈呈するなどのキャンペーンを展開していく予定です。
従来なら広告代理店やPR会社に任せるような領域の業務ですね。
遠藤
日本盛様は、当社の基幹系システムを長年ご活用いただいてきたお客様です。そうしたバックヤードにとどまらず、マーケットデータの分析や有効活用といったフロント領域から当社がトータルに支援できることをアピールして、ソーシャル分野を得意とする企業と共同でプロモーションを担当することになりました。
日本盛様のFacebook上のキャンペーンサイトの画面イメージ日本盛様のFacebook上のキャンペーンサイト
大田
お客様やパートナー企業との共創ビジネスでもあるわけですね。
遠藤
はい。今後、より購入期待値の高いお客様を絞り込んで効果的な販促活動を展開するとともに、店舗やECサイトなど各種チャネルから収集した情報と合わせて商品開発にも活用していきたいと考えています。
齊藤
共創によるデジタルマーケティング事業としては、総合スーパーのイズミ様、大日本印刷(DNP)様と共同で取り組んでいる国内初のCLO(Card Linked Offer)サービスの実証実験も2015年10月に始動しました。
遠藤
最近、米国で普及しつつあるCLOは、カード会員の属性や決済履歴などに合わせて特典情報を配信するサービスですが、当社とDNP様が開発した商品CLOサービスの場合、店舗単位だけでなく商品単位での特典付加も可能なので、メーカーと連携したキャンペーンの実施も容易です。
どのようなキャンペーンを展開しているのですか。
遠藤
飲料メーカー様などの協賛を得て、イズミ様が中国・四国・九州地域で展開する113店舗において、イズミ様のクレジットカード、電子マネーの会員を対象にした販促キャンペーンを実施しています。利用者は、まずイズミ様が提供するスマートフォン向けの会員アプリから事前にエントリーします。そして、期間内に対象商品をクレジットカードや電子マネーで購入すると自動的にキャンペーンに応募され、抽選で景品がプレゼントされる仕組みです。
大田
従来のように、ハガキにシールを貼ったり名前や住所を書いたりする手間が不要になるわけですね。
遠藤
はい。非常に手軽に応募できるのでたくさんの応募が期待できますし、参加企業にとっても応募状況などのキャンペーン効果を日次単位で把握して、必要な施策を打つことができます。
齊藤
CLOという仕組みを活用して、お客様、小売業、メーカー、三者それぞれにメリットをもたらす新しいビジネスのエコシステムを生み出そうという取り組みでもあるのです。

『CoreCenter® for Retail』の構成

『CoreCenter® for Retail』の構成の図

ページの先頭に戻る