JP/EN

 

Foresight in sight

企業情報

feature vol.1

平山優 インタビュー

日本ユニシスに入社して、やっと社会人になりました。ずっとなりたかったんです——透き通るような白い肌が、紅潮して見える。平山優。現在世界ランキングは16位。今年度から正式にスタートした日本ユニシス女子チームでは、キャプテンになった。文字通り、チームの顔だ。
 宮城・聖ウルスラ学院(現聖ウルスラ学院英知)高校2年のとき、廣瀬栄理子選手(当時青森山田高・現三洋電機)を破ってインターハイのシングルスを制した。3年時は1学年下の今別府香里選手(当時青森山田高・現三洋電機)に敗れ、連覇はならなかったものの、日本一を決める全日本総合選手権決勝で森かおり選手(三洋電機)をあと1点まで追い詰める準優勝。史上最年少優勝こそ逃したものの、高校生のこの時点で、早くも日本ランキング1位に立った。
だれもが認めるホープ。その平山がこの春、早稲田大を卒業して日本ユニシスに入社した。
「大学は大学で、とてもすばらしい経験でした。自己管理、新しい友人、いろんなことを学べましたから。でもやはり、勉強とバドミントンの両立というのはすごくエネルギーのいることでした。
海外遠征や試合などが多いので、どうしても授業にしわ寄せがくるでしょう。4年になってもまだかなり単位が残っていて、早大バド部の仲間や、同級生たちが本当に助けてくれて・・・おかげで、卒業することができました。
社会人になったいまは、バドミントンに集中できる喜びがありますね。日本ユニシスに入社した理由は、これは言葉では表現しにくいんですが、ユニシスが女子チームを創部すると聞いたとき、“あ、私は日本ユニシスに行くだろうな”と感じたんです。たとえば小学生のときも、自分がウルスラでプレーするというイメージがあったし、大学もそう。そこに行ったら大丈夫、というのを感じるんですよ。実際に入社してみて、やはりイメージ通りでした。」
平山優

次へ >

TOP