JP/EN

 

Foresight in sight

企業情報

  • 試合結果
平成16年度 全日本総合バドミントン選手権大会 11/09-14開催

2004年11月9日〜14日、大阪府 守口市民体育館において、第59回平成16年度 全日本総合バドミントン選手権大会が開催されました。
本大会は社会人、教職員、学生および高校生の中から選抜された選手が出場し、まさに真の日本一を決める大会です。日本ユニシス選手は全員が本戦に出場し、男子ダブルスの準優勝を筆頭に、大いに活躍いたしました。

【中條監督のコメント】

今大会では、日本ユニシスチームは全員出場権を取り、優勝を目指して大会に臨みました。
結果としてはダブルス準優勝、シングルスベスト8(第5位)。ダブルスは前年度より一歩前進しましたが(2003年ベスト4)、シングルスは前年度より一歩後退となりました(2003年ベスト4)。 ハードなスケジュールの中、選手たちは懸命に体調維持と怪我防止などに努め、よくここまで頑張ってくれたと思います。
今週の11/20(土)から今年度のチーム最大目標である日本リーグ始まりますが、今大会の経験を活かして、全員一丸となって悲願の" 日本リーグ優勝" を目指して頑張ります。
坂本・仲尾組
坂本・仲尾組表彰

【男子シングルス本戦】

1回戦 藤本ホセマリ 2-1 関野有起
(東京都・法政大学)
山田英孝 2-0 遠藤大由
(埼玉県・小松原高校)
石川 澄 0-2 佐々木翔
(東京都・ MMGアローズ)
中西洋介 2-1 茂見祥平
(長崎県・ 大村養護学校教員)
2回戦 藤本ホセマリ 0-2 大束真也
(富山県・トナミ運輸)
山田英孝 2-0 清水裕
(東京都・NTT東日本)
中西洋介 2-0 古財和輝
(神奈川県・日本体育大学)
準々
決勝
山田英孝
*5位*
0 9-15
9-15
2 舛田圭太
(富山県・トナミ運輸)
中西洋介
*5位*
1 6-15
15-9
10-15
2 新開裕介
(東京都・日本大学)

【男子ダブルス本戦】


[坂本選手のコメント]



全日本総合で準優勝できた事を嬉しく思います。
今大会期間中に風邪をひいてしまい、パートナーの仲尾や トレーナーの方に大変ご迷惑をかけてしまいました。
部長やスタッフ、部員の方々のバックアップがあったからこそ 頑張れたのではないかと思います。
今後年末にかけて日本リーグがあるので、体調管理をしっかり行い みんなで一致団結して試合に臨みたいと思います。



[仲尾選手のコメント]



社会人は途中で棄権していたので、今回の試合にかける 気持ちは誰にも負けないつもりで試合に臨みました。
試合では練習をしっかりできた訳ではなかったので、調子の 波が激しく、いつ負けてもおかしくはありませんでした。
でも、準優勝できたのは坂本も僕も負けることを恐れず、ずっと攻める気持ちがあったから このような結果が得られたんだと思っています。
来年も頑張ります。



試合結果

1回戦 矢部正博
中村憲尚
0-2 小宮山 元
平田典靖
(神奈川県・ 日本体育大学)
福井剛士
池田信太郎
2-0 清水達也
山下 豪
(静岡県・ジャトコ)
仲尾修一
坂本修一
2-0
酒井直英
横山康博
(石川県・金沢学院大学)
2回戦 福井剛士
池田信太郎
0-2 岩脇峰生
土田匡泰
(東京都・日本大学)
仲尾修一
坂本修一
2-1 水澤直哉(NTT 北海道)
三上裕司
(NTT北海道テレマート)
準々
決勝
仲尾修一
坂本修一
2 15-12
15-7
0 久保田雄三
太田慎二
(東京都・NTT東日本)
準決勝 仲尾修一
坂本修一
2 4-15
15-6
15-8
1 松本徹
川口馨士
(東京都・NTT東日本)
決勝 仲尾修一
坂本修一
*準優勝*
0 9-15
3-15
2 舛田圭太
大束忠司
(トナミ運輸)

【混合ダブルス本戦】

1回戦 坂本修一
(日本ユニシス)
大熊倫子
(埼玉県・ヨネックス)
2-0 中村亨
(香川県・タダノ)
西岡佑実子
(香川県・百十四銀行)
準々
決勝
坂本修一
大熊倫子
*5位*
0 8-15
7-15
2 大束忠司
(富山県・トナミ運輸)
山本静香
(千葉県・ヨネックス)

TOP