JP/EN

 

Foresight in sight

企業情報

  • 試合結果
バドミントン中国マスターズ2005  2005年8月30日-9月4日開催

2005年8月30日から9月4日まで北京市にて中国マスターズ2005が開催され、日本ユニシスからは、仲尾、坂本、池田選手が参加しました。
このトーナメントは今年から新たに開催されたグレード6の大会ですが、世界選手権直後のためか中国以外の上位選手はほとんど参加せず、出場選手の半分以上が中国選手でした。

男子ダブルスには坂本・池田組が、仲尾選手はNTT東日本の川前直樹選手と組んで出場しましたが、2回戦で両ペアがあたるという組み合わせになりました。この戦いを制した坂本・池田組は2回戦で世界20位のポーランドペアと対戦し、第1ゲームは接戦に持ち込みましたが0-2で敗れ、ベスト8となりました。
また、池田選手、仲尾選手はそれぞれ混合ダブルスに出場しましたが、いずれも1回戦で中国ペアに敗れました。

【 男子ダブルス 】
1回戦 仲尾 修一
川前 直樹(NTT東日本)
2 17-14
15-8
0 WEI Shifeng
XU Dazhongh
(中国)
2回戦 坂本 修一
池田 信太郎
2 15-12
15-4
0 仲尾 修一
川前 直樹(NTT東日本)
3回戦 坂本 修一
池田 信太郎
0 15-17
8-15
2 MICHAL Logosz
ROBERT Mateusiak
(ポーランド)


【 混合ダブルス 】
1回戦 池田 信太郎
前田 美順(NEC九州)
0 4-15
6-15
2 CAO Liu
PAN Pan
(中国)
1回戦 仲尾 修一
松田 友美(ヨネックス)
0 5-15
3-15
2 XIE Zhongbo
ZHANG Yawen
(中国)



[仲尾選手コメント]
ダブルスもミックスも今回初めてのペアで試合をしました。まだ、組みなれていない感じなので、今後、力を出し切れるように頑張っていきたいです。

[坂本選手コメント]
今大会は、パートナーの池田とローテーションがあまり上手くいかなかったことが反省です。準々決勝ではポーランドの選手と試合をし、大事なところでのサーブプッシュのミスがあったので、今後は思い切り行くところと、大事にするところをしっかり理解していけるようにしたいです。 6スターという高いグレードの大会でベスト8に入れたことを自信にしていきたいと思います。

[池田選手コメント]
久しぶりに坂本さんとダブルスを組み、ローテーションなどの不安もありましたが、結果として ベスト8という結果だったので満足しています。次のアジア選手権によいはずみになったと思います。




TOP