JP/EN

 

Foresight in sight

企業情報

  • 試合結果
第96回全英オープン  2006年1月17日-22日開催

最も伝統あるトーナメント、全英オープンがイギリス バーミンガム市で開催され、 例年通り世界のトップクラスの選手が勢揃いしました。日本ユニシスからは中西選手、仲尾・坂本組が出場しました。

【男子シングルス】

中西選手は1回戦で第7シード中国のCHEN Hong(世界7位)と対戦。先週のドイツオープンでは世界1位のLIN Dan(中国)を準決勝で破り2位に入った強豪です。序盤からリードを奪われ第1ゲームの後半でやや挽回できたものの8-15、7-15で敗れました。

【男子ダブルス】

男子ダブルスは当初発表の組み合わせから2回も再ドローが行われた結果、仲尾・坂本組は韓国のJUNG Tae-Keuk/LEE Jae-Jinと対戦。相手は新しくペアを組んだためランキングはありませんが、LEEは他のパートナーと現在世界8位にランキングされている選手。残念ながら中西選手と同じスコアで敗れてしまいました。

【混合ダブルス】

仲尾選手はヨネックスの赤尾亜希選手と組んで混合ダブルスにも出場しましたが、世界3位のイングランドペアとぶつかり4-15、3-15で敗れました。


【 男子シングルス 】
1回戦 中西 洋介 0 8-15
7-15
2 CHEN Hongn
(中国)


【 男子ダブルス 】
1回戦 仲尾 修一
坂本 修一
0 8-15
7-15
2 JUNG Tae-Keuk
LEE Jae-Jin
(韓国)


【 混合ダブルス 】
1回戦 仲尾 修一
赤尾 亜希
(ヨネックス)
0 4-15
3-15
2 Nathan ROBERTSON
Gail EMMS
(イングランド)



[中西選手コメント]
昨年の同大会の優勝者である選手に負けました。このレベルの選手とは力の差があり、勝つことは出来ませんでしたが、今の自分の状態を確認することができ、今後に繋がる試合になりました。これからは、同じくらいのレベルの選手に対して 勝ちを拾えるように安定したコンディションを作れるようにしていきます。

[仲尾選手コメント]
相手ペアのLEE Jae-Jin選手はミックス世界ランク1位ですが、同じ日本代表の舛田・大束組がドイツ・オープンで勝っていたので勝つ意気込みで試合に臨みました。しかし思った以上に相手が強く、自分達のプレーをすることができませんでした。今回の遠征は1勝もすることができずに終わってしまったので次回のフィリピンオープンでは勝てるように頑張ります。

[坂本選手コメント]
伝統ある大会に出場することができ嬉しく思います。全英オープンでは、自分たちのミスが多く我慢できなかったところが反省です。今後の課題として取り組んでいきたいです。



TOP