JP/EN

 

Foresight in sight

企業情報

  • トピックス
ヨネックス トマス杯&ユーバー杯ジャパン2006
仲尾・坂本・中西・池田選手が日本代表選手に決定
     2006年3月20日

国別対抗世界選手権「ヨネックス トマス杯&ユーバー杯ジャパン2006」が、4月28日〜5月7日、16年ぶりに日本(仙台・東京)で開催されます。 この大会は、世界各国で行われる各種世界大会の集大成であり、サッカーの「ワールドカップ」に匹敵する大会で、2年に1度開催されます。
日本ユニシスからは、仲尾修一坂本修一中西洋介池田信太郎、 4選手が日本代表選手に決定しました。

本大会から、21点3ゲーム(2ゲーム先取)のラリーポイント方式とする新スコアリングシステムが採用されますが、日本ユニシスグループは、その試合経過をインターネットを通じて公開する速報システムを提供します

4選手ともに、「予選のデンマーク戦でどれだけの試合ができるかによってその後の試合に影響する。」と意気込みを語っています。皆様のご声援をよろしくお願いします。

日本代表選手
日本代表選手の記者発表会にて
男子選手団
中西、仲尾、池田、坂本選手
左から 中西、仲尾、池田、坂本選手

 
[仲尾選手の一問一答]
Q1: 今回の目標は? 仲尾修一
仲尾修一選手
仲尾修一プロフィールへ
A1: 自分が試合に出たら、まず勝つこと

Q2: 対戦してみたい国、選手は?
A2: 韓国:以前ほど強くはなく、日本と対決すると見ごたえがあるから

Q3: 気をつけていることは?
A3: 怪我で練習があまりできず、少し太ってしまったので食事制限をしています。前回の試合では極度の緊張でまともな試合ができなかったので、今回は普段の力が出せるように日ごろの練習から意識しています。

Q4: 新ルールについて
A4: まだ試合ではしていないので何とも言えませんが、あまり気にはしていないです。でも今まで以上に攻める気持ちが強くサーブから攻めます。終盤では点差が3点でも広がるとダブルスではもうキツいですね。このルールでは海外の強い相手に対してはチャンスが生まれますが、国内では逆にやられる可能性もあるので大変です。

Q5: 日本のファンヘ一言
A5: 一緒に戦いましょう!!


 
[坂本選手の一問一答]
Q1: 今回の目標は? 坂本修一
坂本修一選手
坂本修一プロフィールへ
A1: 前回以上の成績、ベスト8以上を狙います。

Q2: 対戦してみたい国、選手は?
A2: インドネシア:チャンドラ・シギット組と対決したい。

Q3: 気をつけていることは?
A3: 海外の試合や合宿などで疲れがたまりやすいので睡眠を多くとるようにしています。(結婚して変わったこと?)責任感がでてきました。

Q4: 新ルールについて
A4: とにかく試合時間が早いですね。今まで以上に精神的なものが大事になり、ミスを気にして思い切ったプレーがしにくくなります。個人的には今までのルールの方がやりやすいです。

Q5: 日本のファンヘ一言
A5: とにかく頑張ります!

 
[中西選手の一問一答]
Q1: 今回の目標は? 中西洋介
中西洋介選手
中西洋介プロフィールへ
A1: ベスト4。そのためには予選が勝負。1位通過を狙いたいです。

Q2: 対戦してみたい国、選手は?
A2: インドネシア:タウフィック・ヒダヤットと対決したい。

Q3: 気をつけていることは?
A3: 大会の重みをあまり意識せず、普段どおりの試合ができるように日ごろから努めています。

Q4: 新ルールについて
A4: 正確なショットが今まで以上に要求される。いかにミスを少なくできるか、集中力が大事だと思う。

Q5: 日本のファンヘ一言
A5: 女子に負けないように頑張り、男子の存在をアピールしたい!


 
[池田選手の一問一答]
Q1: 今回の目標は? 池田信太郎
池田信太郎選手
池田信太郎プロフィールへ
A1: Aクラスのチームに勝ちたい(インドネシア、マレーシア、デンマーク、中国、韓国)そしてメダルをとりたいです。

Q2: 対戦してみたい国、選手は?
A2: デンマーク:エリクセン/ルンドゴール ハンセン組に以前勝っているのでもう一度対決したい。

Q3: 気をつけていることは?
A3: とにかく食べるようにしています。海外では色々な食事が出てくるので対応できるように普段から食べるように心掛けています。

Q4: 新ルールについて
A4: 強い相手には勝ちやすいですが、弱い相手にも負けやすい。海外ではチャンスがあります。見てるほうも面白いと思います。

Q5: 日本のファンヘ一言
A5: 一緒になって戦えるように応援してほしいです。みなさんと一喜一憂できればいいと思います。頑張りますので応援お願いします。


 



* 関連リンク

・日本ユニシスグループが試合速報システムを提供(3月19日付ニュースリリース)

TOP