JP/EN

 

Foresight in sight

企業情報

  • トピックス
練馬区ジュニア指導者向け研修会報告  2006年8月26日-9月16日(4回)開催

日本ユニシス実業団バドミントン部は、社会貢献活動の一環として、地域の学校や団体にバドミントン講習会を開催しています。

2006年8月26日(土)から9月16日(土)の4週にわたり、毎週土曜日に練馬区のジュニア指導者を対象とした研修会が行われました。 日本ユニシスからは阿部副部長をはじめ、実業団バドミントン部OBの石川さん、峯岸さんが講師として参加しました。

本研修会は、東京都のスポーツ水準の向上およびジュニア選手の育成を目的に、財団法人東京都体育協会ならびに社団法人練馬区体育協会から 練馬区バドミントン協会に委託された事業の一環として開催されました。 小学生のジュニアクラブの指導者、中学・高校の顧問の先生など総勢50名の参加がありました。

1日目(8月26日)は、練馬区立総合体育館会議室にて、阿部副部長による 講義を行い、中国をはじめとする世界各国のジュニア育成の現状や、日本ジュニアの強化体制などについて説明しました。 日本バドミントン協会ジュニア強化部長でもある阿部副部長が語るジュニアナショナルチームに関する生の声に、指導者の方々も熱心に 耳を傾けていました。
2日目(9月2日)からは3週にわたり、石川さんと峯岸さんが技術指導に関する講習を行いました。講習では、技術指導の方法を体系的に説明するとともに、 その指導方法をそれぞれのクラブの練習に持ち帰っていただくために、実際に指導者の方々に実技を体験していただきました。

是非、練馬区からも将来のオリンピック選手が輩出されることを期待したいと思います。

指導する峯岸さん(右)
指導する峯岸さん(右)

指導する石川さん(奥)
指導する石川さん(奥)

集合写真
皆さんお疲れ様でした



TOP