JP/EN

 

Foresight in sight

企業情報

  • 試合結果
中国オープン2006  2006年10月17日-22日開催

中国 広州市で中国オープンが行なわれ、日本ユニシスからはシングルスの中西、早坂、岩脇選手が参加しました。オリンピック、世界選手権に次ぐ6つ星の大会ですが、三人三様の相手との対戦となりました。
中西選手はいきなり第1シードの世界1位LIN Dan(中国)と対戦。今年は春からマレーシアオープンで1敗しただけで現在世界グランプリ5連勝中。世界選手権、ヨネックス・オープン・ジャパンも制した王者相手に0-2で敗れました。
主要なグランプリ大会は初挑戦となる早坂選手の相手は世界102位ロシアチャンピオンのPUKHOV Stanislav。第1ゲームを競ったものの0-2で敗れました。
岩脇選手もグランプリ大会初挑戦。組合せ変更の結果、やはり国際大会初めての中国選手と対戦。1回戦は快勝しグランプリ初勝利を飾りました。続く2回戦は同じ中国の若手LU Qi Chengが相手。ナショナルチームコーチの息子で18才で昨年のアジアユースチャンピオンという俊英。年下相手ではありますが、0-2で完敗しました。

 
【 男子シングルス 】
1回戦 中西 洋介 0 17-21
15-21
2 LIN Dan
(中国)
1回戦 早坂 幸平 0 19-21
14-21
2 PUKHOV Stanislav
(ロシア)
1回戦 岩脇 峰生 2 21-16
21-10
0 HE Jiahui
(中国)
2回戦 岩脇 峰生 0 6-21
11-21
2 LU Qi Cheng
(中国)


[中西選手コメント]
世界ランキング1位のリンダン選手と対戦しましたが、全ての面で相手の力が凄いと感じました。特にシャトルの寄るスピードが速く、余裕をもたれ簡単なフェイントに引っかかってしまいました。勝ち負けというより、とても勉強になった試合でした。

[早坂選手コメント]
初戦の相手は勝てない相手ではなかったので、とても残念でした。自分の課題もわかったので、改善して今後につなげていきたいと思います。

[岩脇選手コメント]
初めてのグランプリ大会で1勝できてとてもうれしいです。今回の大会は、試合以外の部分でも多くのことを学べた大会でした。 この経験を今後の試合に活かしていきたいと思います。


TOP