JP/EN

 

Foresight in sight

企業情報

  • 試合結果
「第57回全日本実業団選手権大会」連覇ならず  2007年7月4日-8日開催

7月4日(水)〜8日(日)、北海道札幌市・北海道立総合体育センター(きたえーる)にて「第57回全日本実業団バドミントン選手権大会」が開催され、日本ユニシスは残念ながら準決勝でトナミ運輸に破れ第3位となりました。


7月6日(金)、決勝トーナメント2回戦から登場した日本ユニシスは順当に勝ち上がり準決勝で予想通りトナミ運輸と対戦しました。
第1ダブルスでは王 偉・池田信太郎のペアでシドニー五輪金メダリストのチャンドラウィジャヤ・平田組と対戦しますが、実力を発揮できぬまま完敗。

続く第2ダブルスは仲尾修一・坂本修一組対舛田・大束組。
お互い手の内を知り尽くした対戦は長いジュースの末第1ゲームを仲尾・坂本組が先取しますが、第2ゲームを失うとファイナルでは引き離され、逆転負けを喫してしまいました。

これで後が無くなった日本ユニシスは第1シングルスの中西洋介選手が第1ゲームを落とし絶体絶命。しかし地力に勝る中西選手が落ち着いて逆転し、1-2で後に続けます。

続く第2ダブルスは今年2月に加入した池田雄一選手。今大会が初の団体戦出場です。対戦相手は1試合だけ休んで再登場の舛田選手。雄一選手は、第1ゲームを粘りますがジュースの末奪われ、流れをつかまれた舛田選手の前に敗れ、二連覇の夢はついえました。

残念ながら団体戦の連勝は止まってしまいましたが、この借りは年末の日本リーグで返したいと思います。
<対トナミ戦は日本リーグ最終日の12月29日(土)、代々木第二体育館で予定されています。>
大会期間中応援いただいた皆様、本当にありがとうございました。

なお、休む間もなく日本代表の坂本修一・池田信太郎組はスーパーシリーズ中国マスターズへ 、中西洋介、池田雄一の2選手はオーストラリアのヴィクトリア国際に出場のため、7月9日、日本を離れました。

■tournamentsoftware.comによるスコア速報
中国マスターズ2007
ヴィクトリア国際2007

引き続き応援よろしくお願いします。
写真:クリックで拡大

王 偉・池田信太郎組
王 偉(右)・池田信太郎組

仲尾修一・坂本修一組
仲尾修一・坂本修一組

中西洋介選手
中西洋介選手

池田雄一選手
池田雄一選手

【出場選手コメント 】

[キャプテン・仲尾 修一]
今回は連覇に挑んだ大会でしたが、残念ながら3位という結果でした。
私自身、勝つチャンスはあったのですが、最後のつめが甘く、負けてしまいました。
今後、チームとしては、日本リーグの3連覇が目標となります。
トナミには団体戦連敗中なのでチームが今度は必ず雪辱するという気持ちを持って練習していこうと思います。

[中西 洋介]
今回は3位という残念な結果に終わり非常に悔しい思いをしました。
日本ユニシスは昨年と比べても遜色ない力を持って試合に臨みましたが、トナミの総合力の前には少し劣っていたように感じます。
これからはトナミに勝つという目標を掲げ、チーム全体のレベルアップを目指します。

[坂本 修一]
全日本実業団大会の準決勝で敗退してしまい残念に思います。
準決勝は最後まで集中力を持続することが出来なかった事が敗因の一つだと考えています。負けた悔しい思いを忘れず、今後に活かしていきたいと思います。

[池田 信太郎]
今回の結果については非常に残念だと思います。改めて連覇の難しさを痛感しました。
まだ今年は日本リーグ3連覇が残っていますのでもう1度初心にかえり、チーム一丸となり頑張ろうと思います。
応援ありがとうございました。

[早坂 幸平]
優勝できなくてとても残念です。気持ちを切り替えてこれから頑張ります!

[廣部 好輝]
今回の実業団は1回戦と3回戦に出ましたが大事な試合では出ることが出来ず自分の力のなさを感じました。
この悔しさを活かして日本リーグでは試合に出てチームに貢献できるよう努力していきたいと思います。

[小宮山 元]
今回の大会は出番が2回しかありませんでしたがその2回は役割が果たせてよかったと思います。
しかしチームとしては満足の行く結果ではなかったので、次の日本リーグに向けてしっかりと練習して頑張っていきたいと思います。

[岩脇 峰生]
今大会は1度しか出場してませんが、反省点が多く残る大会でした。
負けから学ぶもののほうが多いと思うので、しっかり反省したいです!

[斎藤 元伸]
今回の実業団は主にチームのサポートとして頑張りました。
勝負のトナミ戦、自分がチームの為に何が出来るかを考えて精一杯応援しました。 しかし結果、チームは負けてしまいました。
この結果を受け止め今は次に向けて頑張るだけです。

[池田 雄一]
今回はトナミに負けましたが、日本リーグでは雪辱できるよう日々努力していきたいと思います。

[井上 知也]
今回の実業団は試合に出てなく、チームも3位ということでとても残念です。
今後は社会人、総合、日本リーグに向けて気持ちを切り替えて練習に取り組みます。


▲ページTOPに戻る


【2006年7月7日:準決勝戦】
日本ユニシス 1-3 トナミ運輸
王 偉
池田 信太郎
0 10-21
13-21
2 チャンドラ・ウィジャヤ
平田 典靖
仲尾 修一
坂本 修一
1 27-25
17-21
11-21
2 舛田 圭太
大束 忠司
中西 洋介 2 20-22
21-17
21-12
1 菊田 健一
池田 雄一 0 20-22
12-21
2 舛田 圭太



【2006年7月7日:準々決勝戦】
日本ユニシス 3-1 富山トヨタ自動車
仲尾 修一
坂本 修一
2 21-7
21-10
0 山本 満
森 雄大
廣部 好輝
小宮山 元
2 21-7
21-9
0 前川 剛史
中嶋 栄聡
岩脇 峰生 0 14-21
18-21
2 山本 満
早坂 幸平 2 21-7
21-10
0 森 雄大



【2006年7月6日:3回戦】
日本ユニシス 3-0 日産自動車追浜
仲尾 修一
坂本 修一
2 21-11
21-10
0 松成 訓明
岡田 裕貴
王 偉
中西 洋介
2 21-17
21-7
0 田辺 哲
折笠 政明
池田 雄一 2 21-10
21-9
0 岡田 裕貴



【2006年7月6日:2回戦】
日本ユニシス 3-0 NTT北海道OBクラブ
王 偉
池田 信太郎
2 21-5
21-10
0 村井 秀樹
井野 嘉久
廣部 好輝
小宮山 元
2 21-7
21-13
0 角谷 淳一
一宮 孝一
早坂 幸平 2 21-13
21-12
0 吉川 勇司





▲ページTOPに戻る

TOP