JP/EN

 

Foresight in sight

企業情報

  • トピックス
実業団バドミントン部女子チーム選手発表
− 女性躍進のシンボル的存在となるチームづくりを目指す −

2007年10月11日

日本ユニシス株式会社は、日本バドミントン界の現チャンピオンチームである男子チームに続き、「実業団バドミントン部女子チーム(以下 女子チーム)」を7月2日に創部、この度、正社員として迎え入れるための入社試験や過去の戦績などを参考に厳正な選考を行い、10月1日付で6名の選手を内定しました。
全内定者が、日本のトップレベルの大学生および高校生であり、日本バドミントン協会ならびにバドミントンファンの期待が高い選手です。

日本ユニシスは、男子チームを「日本リーグ」「全日本実業団選手権大会」の2大タイトルを完全制覇するまでに育成した経験を活かして女子チームを創部しており、日本ユニシス実業団バドミントン部女子チームは、日本のトップチームを目指す実業団チームとして初めての女性監督を起用、コーチについても女性での編成を行い、女性の活躍推進のシンボル的存在となるチームを目指していきます。

選手には、2005年、2006年「全日本学生選手権大会」シングルスチャンピオンで日本代表の平山 優(早稲田大学4年生)選手のほか6名の選手が内定しました。
平山選手は現在、世界ランキング33位、北京オリンピック出場が狙えるランキングに位置しています。
監督には、「国別対抗世界選手権 ユーバー杯」2回優勝、「全日本総合選手権大会」で10回優勝の実績を持つ、田児よし子(旧姓:米倉)氏が就任しています。
また、コーチ兼選手として福建省出身、元中国ナショナルチーム所属、ジュニア時代に中国国内大会優勝の経歴を持つ、郭馨(グォ シン)選手が就任します。

今後、女子チームは、2008年2月の「日本リーグ2007 チャレンジリーグ」に参戦して、日本リーグ二部昇格を目指し、さらに「日本リーグ2008 二部リーグ」で優勝を果たすことで、一気に2009年の日本リーグ一部昇格を狙います。将来は、男子チーム同様、日本の2大タイトルである「日本リーグ」、「全日本実業団選手権大会」の制覇、オリンピックでのメダル獲得までを視野に入れ選手育成に努めます。

日本ユニシスは昨年1年間で、地元東京都江東区の高校生をはじめ、全国の学生や団体、指導者に対し7回の講習会を開催し、国内・国際大会で活躍するトップ選手自らがバドミントンの楽しさを伝えました。
また、本年5月には当社社長が、日本小学生バドミントン連盟会長に就任し、健全なジュニア選手育成の直接的なサポートも開始しました。さらに6月には、日本とベトナムの友好関係促進、ハノイ市地域社会での貢献を目的に『日越親善チャリティマッチ「ベトナムナショナルチーム vs 日本ユニシスチーム」』を開催、教育機会に恵まれない同国の子供たちのために全収益金を「ベトナム児童基金」に寄付しました。
日本ユニシスでは、このような地道な取り組みと、男女トップチームの活躍を通じ、バドミントンのメジャースポーツ化に貢献していきたいと考えています。


*選手は全員2008年4月1日入社予定です。

<監督>
田児(旧姓:米倉)よし子 (たご よしこ)
主な戦績
第8回、第9回 国別対抗世界選手権ユーバー杯優勝
1978年、1980年 全英オープン女子ダブルス準優勝
全日本総合選手権大会
女子ダブルス 6連覇を含む8回優勝。
女子シングルス、混合ダブルス各1回優勝
全日本社会人選手権大会
女子ダブルス 7連覇を含む9回優勝。
女子シングルス、混合ダブルス各1回優勝

田児よし子

<コーチ兼選手>
郭 馨(グォ シン)
出身地:中国福建省
主な戦績
2000年〜2003年 中国ナショナルチーム所属
2000年 中国全国ジュニア選手権大会 シングルス優勝

郭 馨

<選手>
平山 優 (ひらやま ゆう)
*世界ランキング33位・日本ランキング3位 (2007年10月4日現在)
学  歴 : 私立聖ウルスラ学院高等学校卒
(現:私立聖ウルスラ英知学院高等学校)、
早稲田大学社会科学部4年在学
主な戦績 : 2002年全国高校総体(インターハイ)女子シングルス優勝。(高校2年)
  2003年全日本総合選手権大会女子シングルス準優勝。(高校3年)
  2005年、2006年全日本学生選手権大会(インカレ)女子シングルス優勝
  2005年、2006年全英オープン女子シングルス16強

平山 優
浅原 さゆり(あさはら さゆり)
学  歴 : 岡山県立笠岡商業高等学校卒(岡山県笠岡市)、
日本体育大学体育学部体育学科4年在学
主な戦績 : 2002年 全国高校総体(インターハイ)
女子ダブルス3位(高校2年)
  2003年 全日本ジュニアバドミントン選手権大会
女子ダブルス準優勝
  2006年 全日本学生選手権大会(インカレ)
女子ダブルス優勝

浅原さゆり
金森 裕子(かなもり ゆうこ)
学  歴 : 静岡理工科大学星陵高等学校卒(静岡県富士宮市)、
早稲田大学スポーツ科学部4年在学
主な戦績 : 2003年 全日本学生選手権大会(インターハイ)
女子ダブルス 優勝(高校3年)
  2004年、2005年 全日本学生選手権大会(インカレ)
女子ダブルス 3位(大学1・2年)
  2006年 全日本学生選手権大会(インカレ)
女子ダブルス 準優勝(大学3年)

金森 裕子
野尻野 匡世(のじりの まさよ)
学  歴 : 尚志高等学校3年在学(福島県郡山市)
主な戦績 : 2006年 全日本ジュニアバドミントン選手権大会 女子シングル 優勝
  2007年 全国高等学校バドミントン選手権大会 女子シングルス優勝

野尻野 匡世
打田 静(うちだ しづか)
学  歴 : 岡崎城西高等学校3年在学(愛知県岡崎市)
主な戦績 : 2007年 全国高校総体(インターハイ)
女子シングルス準優勝 女子ダブルス 準優勝
  2006年 全日本ジュニアバドミントン選手権大会
女子シングル 3位
  2007年 バドミントンアジアジュニア選手権大会
女子ダブルス ベスト8

打田 静
栗原 文音(くりはら あやね)
学  歴 : 九州国際大学附高等学校女子部3年在学(福岡県北九州市)
主な戦績 : 2006年 全日本ジュニアバドミントン選手権大会
女子シングル ベスト8
  2006年 ミロジュニア大会(インドネシア)
女子ダブルス 3位 女子シングルス ベスト8
  2007年 アジアジュニア大会 女子ダブルス ベスト8

栗原 文音


<今後の予定と目標>
2007年7月 東京都実業団連盟登録
2008年2月 チャレンジリーグ参加
二部リーグ入れ替え戦
2008年11月 二部リーグ参加
2009年2月 一部リーグ入れ替え戦
2009年10月〜12月 一部リーグ参加

詳細 :
日本ユニシス 実業団バドミントン部女子チーム選手発表
− 女性躍進のシンボル的存在となるチームづくりを目指す −

TOP