JP/EN

 

Foresight in sight

企業情報

  • 試合結果
バドミントン 全英オープン2008 坂本修一・池田信太郎組 世界ランク3位のKOO/TAN組に快勝!本日(3/6) 26:50〜2回戦
2008年3月4日-3月9日開催

3月4日(火)、イングランドのバーミンガムにおいてスーパーシリーズ「全英オープン2008」が開幕。日本ユニシスからは坂本修一・池田信太郎組(世界ランク15位)が参戦しています。

3月5日(水)の第1回戦に登場した男子ダブルス坂本・池田組の対戦相手は、世界ランキング3位・マレーシアのKOO Kien Keat/TAN Boon Heong組。昨年の世界選手権2007で熱闘の末銅メダルを決めたときの相手です。
坂本・池田組は「世界選手権での試合がまぐれと言われないためにも、良い試合をして勝利をつかみたい!」と気合十分。対するKOO/TAN組にとっても、世界選手権での雪辱、そして全英オープン2連覇を賭けて挑む大会でもあり、激戦が予想されました。

第1ゲーム、序盤は競り合いながらも優勢に試合を進めると8-8からインターバルを挟んで5ポイントを連取。その後は冷静にリードを保ち18本で第1ゲームを取ります。
第2ゲームも同じような展開で13-8とリードしますが、さすがに簡単には勝たせてもらえません。終盤に追いつかれ17-18と逆転されますが、18-19から一気に3ポイントを連取して逆転勝利。 リベンジ狙いを返り討ちし2回戦進出を果たしました。

本日 (3/6)の試合は深夜26:50頃を予定(現地時間18:50。試合の進捗状況により前後します)
2回戦の相手は、インドネシアのGUNAWAN Hendra Aprida/RIYADI Joko組(16位)。実力的にも拮抗した相手ですが、この勢いでベスト8進出を目指します。

全英オープン2008
tournamentsoftware.comによるスコア速報
  (試合開催中のみ更新)

なお、女子シングルスでは、4月に入社を予定している平山優選手(早稲田大学4年・22位)が1回戦に出場し、インドのNEHWAL Saina(28位)に勝利。2回戦進出を果たしています。

どうぞ応援よろしくお願いいたします。
世界3位のクー・タン組に快勝の坂本修一・池田信太郎組
世界3位のKOO/TAN組に快勝の
坂本修一・池田信太郎組

池田信太郎・坂本修一・朴日本代表監督
池田信太郎・坂本修一・朴日本代表監督

全英オープンは98回を数える歴史ある大会
全英オープンは98回を数える歴史ある大会

【男子ダブルス】
1回戦 坂本 修一
池田 信太郎
2 21-18
21-19
0 KOO Kien Keat
TAN Boon Heong
(マレーシア)



* 関連リンク
全英オープン2008


TOP