JP/EN

 

Foresight in sight

企業情報

  • 試合結果
バドミントン 全英オープン2008 坂本修一・池田信太郎組ベスト8進出!
本日(3/7)25:30〜準々決勝
2008年3月4日-3月9日開催

3月4日−3月9日、イングランドのバーミンガムにおいて開催されているスーパーシリーズ「全英オープン2008」。
3月6日(木)、日本ユニシスから出場している坂本修一・池田信太郎組(世界ランク15位)の2回戦が行われました。

ベスト8入りを賭けた男子ダブルス坂本・池田組の対戦相手は、インドネシアのGUNAWAN Hendra Aprida/RIYADI Joko組(16位)。ランキングでも拮抗している相手との戦いです。

第1ゲームは、立ち上がりに坂本・池田がリードしますが、すぐに追いつかれるとそこからは1点差を争う大接戦。しかし、17-17から抜け出した坂本・池田が21-19の2点差で奪います。
第2ゲームも接戦のまま試合は進みますが、19-19からインドネシアペアが連取しゲームを奪われ、勝負の行方はファイナルゲームへともつれこみます。
第3ゲームは、中盤でユニシスペアが5連続ポイントでリードを奪い、終盤の猛攻で追いすがる相手を何とか振り切り21-19で見事な勝利。1時間7分におよぶ激闘を制し、歴史ある全英オープンでベスト8入りを果たしました。

本日 (3/7)の試合は深夜25:30頃を予定(現地時間17:30。試合の進捗状況により前後します)
4強入りを賭けて、世界ランキング9位・デンマークのPAASKE Lars/RASMUSSEN Jonas組と戦います。

全英オープン2008
tournamentsoftware.comによるスコア速報
(試合開催中のみ更新)
1回戦結果
第1ゲームを21-19で奪いハイタッチ
第1ゲームを21-19で奪いハイタッチ

1時間7分におよぶ激闘を制しこぶしを突き上げる坂本・池田組
1時間7分におよぶ激闘を制し
こぶしを突き上げる坂本修一・池田信太郎組
なお、4月に入社を予定している平山優選手(早稲田大学4年・22位)も、女子シングルスの2回戦に出場。 オランダのベテランYAO Jie(世界18位)に勝利し、準々決勝進出を果たしています。

どうぞ応援よろしくお願いいたします。

【男子ダブルス】
2回戦 坂本 修一
池田 信太郎
2 21-19
19-21
21-19
1 GUNAWAN Hendra Aprida
RIYADI Joko
(インドネシア)


1回戦 坂本 修一
池田 信太郎
2 21-18
21-19
0 KOO Kien Keat
TAN Boon Heong
(マレーシア)



* 関連リンク
全英オープン2008


TOP