JP/EN

 

Foresight in sight

企業情報

  • 試合結果
大阪インターナショナルチャレンジ2008 結果報告
2008年4月3日-4月6日開催

2008年4月3日〜4月6日、大阪府守口市守口市民体育館において、今年度最初の大会である大阪インターナショナルチャレンジが開催されました。

今年で二回目となる同大会は4Aランクに位置づけられており、昨年に引き続き、韓国、タイなどの若い選手の挑戦が数多く見られました。
日本ユニシスからは男子チームはシングルスで池田雄一、早坂幸平、井上知也の3選手と、ダブルスで数野健太選手が日本大学の早川賢一選手とのペアで、 女子チームからは、野尻野、打田、栗原の3選手が出場しました。

男子シングルスでは、残念ながら上位進出とはなりませんでしたが、3名ともに各国の次代を担う選手と接戦を演じ、今後に繋がる試合をしてくれました。


左から数野健太、池田雄一、早坂幸平、井上知也、中西洋介
左から数野健太、池田雄一、
早坂幸平、井上知也、中西洋介
男子ダブルスで出場の数野・早川組は、順調に勝ち進み、準決勝で韓国チャレンジ大会の優勝ペアと対戦。得意の攻撃スタイルを出す場面もありましたが、韓国ペアの安定したプレーの前に惜しくも敗退し、3位となりました。

一方女子シングルスでは、エントリ数の関係から、1組だけ行われた予選にまわった打田選手は緒戦で敗退。
1回戦から出場した栗原選手も、早大4年の関谷選手にファイナルゲーム、延長と大接戦を演じたものの惜しくも敗退。中華台北の選手を降した野尻野選手だけが、2回戦へと進出します。
2回戦の相手は、NEC九州の垣岩選手。新入社員同士の戦いは大接戦で2ゲームとも延長となりましたが、野尻野選手がいずれも22−20で取り、勝負強さを見せてベスト8入り。準々決勝では惜しくもNEC九州の今井選手に敗れました。
また、この大会3種目の出場となった栗原選手の混合ダブルスも、大学生ペアに貫禄負けとなりました。


【男子シングルス】
2回戦 早坂 幸平 0 12-21
9-21
2 田児 賢一
(NTT東日本)

1回戦 早坂 幸平 2 21-15
21-10
0 CHONG Li Qun
(マレーシア)

1回戦 池田 雄一 1 18-21
21-10
17-21
2 HONG Ji Hoon
(韓国)

1回戦 井上 知也 1 21-14
18-21
11-21
2 SAENSOMBOONSUK Tanongsak
(タイ)


【男子ダブルス】
準決勝 数野 健太
早川 賢一
(日本大学)
0 9-21
17-21
2 KWON Yi Goo
KO Sung Hyun
(韓国)

3回戦 数野 健太
早川 賢一
(日本大学)
2 21-9
21-17
0 GOH Ying Jin
AU Kok Leong
(マレーシア)

2回戦 数野 健太
早川 賢一
(日本大学)
2 21-14
21-17
0 木戸 道治
(関東第一高校)
佐藤 黎
(埼玉栄高校)

【女子シングルス】
3回戦 野尻野 匡世 0 12-21
17-21
2 今井 幸代
(NEC九州)

2回戦 野尻野 匡世 2 22-20
22-20
0 垣岩 令佳
(NEC九州)

1回戦 野尻野 匡世 2 21-16
21-15
0 CHEN Shih Ying
(中華台北)

1回戦 栗原 文音 1 21-16
9-21
20-22
2 関谷 真由
(早稲田大学)

予選 打田 静 0 17-21
5-21
2 高橋 礼華
(聖ウルスラ学院英智高校)

【女子ダブルス】
1回戦 栗原 文音
中原 唯衣
(青山学院大学)
0 19-21
15-21
2 長縄 美佳子
高橋 美紀
(七十七銀行)

【混合ダブルス】
1回戦 山崎 裕太
(日本大学)
栗原 文音
0 11-21
8-21
2 早川 賢一
(日本大学)
内藤 真美
(日本体育大学)


TOP