JP/EN

 

Foresight in sight

企業情報

  • 試合結果
香港オープン2008 結果報告 
2008年11月24日-30日開催

11月24日(火)〜30日(日)、香港・中国特別行政区においてスーパーシリーズ香港オープン2008が開催され、日本ユニシスからは男子ダブルスの2ペア、坂本修一・池田信太郎組、数野健太・早川賢一(日本大学4年・2009年度入社内定者)組が出場しました。

坂本・池田組(世界16位)は1回戦で予選から繰り上げ出場となった香港ペアをストレートで降し、2回戦でイングランドのCLARK Anthony/ROBERTSON Nathan(158位)と対戦します。2人はペアを組んで日が浅いためランキングこそ低いですが、混合ダブルスではそれぞれ世界4位、21位という実力者で、北京オリンピックにもそれぞれ出場しています。
第1ゲームは序盤の競り合いから坂本・池田組が一歩リードし11-6としますが、 中盤から10連続ポイントを許してしまい17-21で失います。
第2ゲームも流れを 変えることができず徐々に差を広げられ10-21での敗戦となりました。

数野・早川組(55位)は1回戦から第8シードの中国GUO Zhendong/XU Chen組と対戦。
第1ゲームはリードが何度も入れ替わる接戦で17-17となりますが、終盤数野が足を痛めて17-21で失います。
第2ゲームもプレーを続けましたが、3-11でインターバルを迎えたところで、途中棄権となりました。

坂本修一・池田信太郎
坂本修一・池田信太郎



【男子ダブルス】
2回戦 坂本 修一
池田 信太郎
0 17-21
10-21
2 CLARK Anthony
ROBERTSON Nathan
(イングランド)
1回戦 坂本 修一
池田 信太郎
2 21-14
21-12
0 HUI Wai Ho
LEUNG Chun Yiu
(香港)
1回戦 数野 健太
早川 賢一
(日本大学)
0 17-21
3-11
2 GUO Zhendong
XU Chen
(中国)


TOP