JP/EN

 

Foresight in sight

企業情報

  • 試合結果
「第59回全日本実業団バドミントン選手権大会」結果報告
2009年6月17日-6月21日開催

6月17日(水)〜21日(日)、広島県広島市・広島県立総合体育館等にて「第59回全日本実業団バドミントン選手権大会」が開催され、3年ぶりの優勝を目指した男子チームは、準決勝敗退という悔しい結果となりました。

試合結果
スタッフ・選手コメント
大会直前中西ヘッドコーチコメント
女子チーム結果
日本ユニシス男子チーム
当初からNTT東日本、トナミ運輸、日本ユニシスの3強争いが予想される中で、3年ぶりの優勝を目指す男子チームは順調に勝ち上がり、1ゲームも落とさずに準決勝へと進出します。

準決勝の相手は昨年優勝チームのNTT東日本。新人一人を除き昨年優勝メンバーを揃えたNTT東日本に対し、日本ユニシスは半数が実業団初参戦というフレッシュな構成。

第1ダブルスには数野健太・早川賢一組が登場し、田児・川前組と対戦。激しい接戦から先にセットポイントをつかみながら延長で第1ゲームを奪われると、第2ゲームはミスも多く流れをつかみ切れないまま、まさかのストレート負け。シングルスの強いNTT東日本相手に痛い黒星を喫してしまいます。

それでも第2ダブルスの坂本修一・池田信太郎組が、粘る佐藤・堀川組を自信を持ったプレーで退けます。

続く第1シングルスにはコーチ兼選手の新戦力アハマド・リファイが登場し、ナショナルメンバー佐伯選手と対戦。競り合いながらも次第にスピード感溢れるプレー が威力を発揮し、19本で第1ゲームを先取。第2ゲームでは巧みなシャトルワーク で相手を完全に振り回してストレート勝ちで勝利に王手をかけます。

しかしNTT東日本も地力を発揮。第2シングルス山田和司選手に対し、ベテラン佐藤選手がうまさを発揮。相手を意識しすぎたのか山田選手が攻める糸口を見出せないまま第1ゲームを奪われると、そのまま流れを奪い返せずに敗退。

最後のシングルスでは井上選手が昨年全日本総合チャンピオンの田児選手に挑み第1ゲームは17-21と追いすがりますが、第2ゲームは中盤から振り切られて敗退。残念ながら3年連続で準決勝敗退という結果になってしまいました。

今年も優勝まで一歩届きませんでしたが、秋の日本リーグではさらにパワーアップして優勝を目指します。
どうぞ応援よろしくお願いいたします。
数野健太・早川賢一組
数野健太・早川賢一組
坂本修一・池田信太郎組
坂本修一・池田信太郎組
山田和司
山田和司
井上知也
井上知也

【大会を終えて】
[中西 洋介ヘッドコーチ]
優勝を目指しチーム一丸となり戦いましたが残念ながら3位という結果に終わりました。 現状を受け止め次の日本リーグまでにはチームを立て直せられるよう頑張ります。

[リオニー マイナキーコーチ]
優勝できる力を持っていただけに残念です。第1ダブルスは非常にいい試合だったのですが、メンタル面と細かい技術面での経験がほんの少しだけ足りなかったと思います。チーム力は相手と同じくらいでしたが、オーダーがよかったので第1ダブルスを取っていれば第1シングルスで決めて3-0でチームも勝つことができたのではないかと思っています。

[坂本 修一]
準決勝敗退という結果は優勝を目指していただけに、非常に残念に思います。 この悔しさを常に心に刻み、今後の練習・試合につなげていきたいと思います。 また、会場まで応援にかけつけて下さった皆様、ありがとうございました。

[池田 信太郎]
今回は準決勝敗退という残念な結果になりました。 個人的には調子は悪くなかったのですが簡単なミスもあったので、もう少しミスを減らしてプレーする必要があるなと感じました。 次の団体戦の日本リーグでリベンジしたいと思います。応援ありがとうございました!

[廣部 好輝]
今回の実業団は3位という結果で非常に残念です。個人的には準決勝のメンバーになれなかったので日本リーグではメンバーになってチームの優勝につながるポイントをとれるように準備していきたいと思います。

[小宮山 元]
今回の大会ではチームみんなで優勝を目標として頑張ってきましたが、結果は準決勝敗退ということでとても残念に思います。 次の日本リーグで今まで以上にチーム一丸となって優勝を目指したいと思います。

[池田 雄一]
今回も3位という結果にとても悔しいです。自分は怪我で出場できなかったのですが来年こそはトナミ、NTT東日本に勝って優勝したいと思っています。また今年は日本リーグというリベンジする機会があるので、ここでの優勝も奪いたいと思います。頑張りますので応援よろしくお願いします。

[井上 知也]
今回の試合での反省を次に活かせるよう、これから厳しい練習に取り組みます。

[数野 健太]
今回は3位という結果になってしまい本当に残念です。 NTT戦ではトップダブルスを任され、勝ってチームに勢いをつけたかったのですが、1ゲーム目の競り合いに敗れ集中力を切らしてしまいました。 この悔しさを忘れず、初心に帰って一から出直します。応援ありがとうございました。

[遠藤 大由]
今回は試合に出られませんでしたが、日本リーグでは万全の状態で試合に挑み、チームの優勝に貢献したいと思います。

[早川 賢一]
優勝を狙っていたので3位と言う結果には悔いが残ります。この悔しさをバネにしてまた一から練習して 日本リーグでは優勝できるように頑張って行きたいです。応援よろしくお願いします!

[山田 和司]
準決勝では先に試合の主導権をとられ、何もできずチームの勢いを止めてしまいました。しかしもう終わった事なので、反省し次につなげていきたいです。

[アハマド リファイコーチ(兼選手)]
準決勝のパフォーマンスは、ここ数ヶ月をユニシスのみんなと練習できたことによって出せたのだと思っています。 練習の気持ちで入り、またベンチから「サトゥラギ!」(インドネシア語で「一本!」)と応援してもらい、負けない思いを強くして戦うことができました。 チームは一生懸命やりました。運だけが足りなかったと思います。

【試合結果】
■試合形式:
2複3単(ダブルス2試合 + シングルス3試合)によるトーナメント形式で行われる団体戦。
決勝トーナメントからは3勝した時点でゲーム打ち切り。


準決勝
日本ユニシス 2-3 NTT東日本
数野 健太
早川 賢一
0 22-24
16-21
2 田児 賢一
川前 直樹
坂本 修一
池田 信太郎
2 21-19
21-14
0 佐藤 翔治
堀川 善生
アハマド リファイ 2 21-19
21-16
0 佐伯 浩一
山田 和司 0 4-21
12-21
2 佐藤 翔治
井上 知也 0 17-21
10-21
2 田児 賢一


準々決勝
日本ユニシス 3-0 セーレン
坂本 修一
池田 信太郎
2 21-9
21-7
0 岩堀 将治
梅林 慎太郎
数野 健太
早川 賢一
2 21-7
21-8
0 岩永 唯一
大岡 昇平
井上 知也 2 21-10
21-18
0 大岡 兄昌
山田 和司 - - - 大岡 昇平
アハマド リファイ - - - 梅林 慎太郎

決勝トーナメント3回戦
日本ユニシス 3-0 東海興業
坂本 修一
池田 信太郎
2 21-9
21-10
0 高原 栄治
宮本 雅人
廣部 好輝
小宮山 元
2 21-9
21-15
0 大滝 祐紀
有田 裕佑
アハマド リファイ 2 21-13
21-19
0 鈴木 陵麻
山田 和司 - - - 有田 裕佑
井上 知也 - - - 田村 潤

決勝トーナメント2回戦
日本ユニシス 3-0 JP日本郵政
数野 健太
早川 賢一
2 21-5
21-7
0 石渡 篤
廣渡 隆寛
池田 信太郎
廣部 好輝
2 21-5
21-6
0 曽根 宏典
近藤 晃仁
井上 知也 2 21-18
21-12
0 廣渡 隆寛
アハマド リファイ - - - 近藤 晃仁
山田 和司 - - - 石渡 篤

決勝トーナメント1回戦
日本ユニシス 3-0 三菱化学四日市
数野 健太
早川 賢一
2 21-9
21-9
0 森山 唯史
秋山 一弥
坂本 修一
遠藤 大由
2 21-9
21-7
0 荻田 昌昭
長谷川 勇吾
山田 和司 2 21-5
21-3
0 西城 健志
井上 知也 - - - 秋山 一弥
アハマド・リファイ - - - 森山 唯史




* 関連リンク
・「第59回 全日本実業団バドミントン選手権大会」(日本バドミントン協会)
・「第59回 全日本実業団バドミントン選手権大会」情報サイト

TOP