JP/EN

 

Foresight in sight

企業情報

  • 試合結果
「ニュージーランドオープン2009」結果報告
2009年7月28日-8月2日開催

2009年7月28日〜8月2日、ニュージーランド・ノースショア市において「ニュージーランドオープン2009(グランプリ)」が開催され、日本ユニシスから山田和司選手、栗原文音選手が参加し、山田選手が3位入賞、栗原選手がベスト8となりました。

男子シングルスの山田選手(世界57位)は地元選手との初戦を順当に制し、2回戦でインドネシアのRUMBAKA選手と対戦。前週に行われたオーストラリアオープンの覇者である相手に第1ゲームを奪われますが、その後2ゲームを落ち着いて逆転勝ちを収めます。
その勢いのまま地元選手との3回戦も順当に突破すると、4回戦では第7シード・インドのPAWAR Anands選手(46位)と対戦。第1ゲームを中盤の競り合いから抜け出して先取し、第2ゲームは失ったもののファイナルゲームは序盤から着実にポイントを重ね続けて21-12の快勝! 準決勝では第1シードのCHAN Yan Kit選手(10位)の正確なショットの前に攻撃のペースを掴めずストレートで敗退しましたが、堂々第3位入賞と結果を残しました。

女子シングルスでは栗原選手(70位)が第8シードとして出場です。1、2回戦はニュージーランドとオーストラリアの選手をそれぞれストレートで下し、3回戦では一昨年の世界ジュニアでともにベスト8となったMaria Febe KUSUMASTUTI選手(47位)との顔合わせ。
前週のオーストラリアオープンで優勝を飾るなど実績を残し始めた相手に対し、中盤以降はわずかながら常にリードを保つ集中した戦いぶりで第1ゲームを奪います。第2ゲームも同様に終盤まで集中力を持続しますが、ここからKUSUMASTUTI選手に抜け出されて17-21。ファイナルゲームはKUSUMASTUTI選手が7連続ポイントなど力を見せますが、気持ちを切らさず戦う栗原選手は9-14の劣勢から18-16と逆転する場面も。最終的には19本でかわされ惜敗したものの、ベスト8入りで第8シードの面目躍如たる活躍を示しました。

8月4日からは打田しづか選手とアハマドリファイ選手兼コーチがインドネシアICに出場いたします。
また8月10日からはインド・ハイデラバード市にて行われる世界選手権に男女計7名の選手が参加いたします。

引き続き日本ユニシスチームへの熱い応援をよろしくお願いいたします。
山田和司
山田和司

栗原文音
栗原文音

【試合結果】
男子シングルス 山田 和司
第3位
女子シングルス 栗原 文音 ベスト8


TOP